横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 獣医師―

小林 由佳子 院長/ありす動物眼科クリニック(青葉台駅・犬)の院長紹介ページ

小林 由佳子 院長

YUKAKO KOBAYASHI

眼科専門医ならではのスキルをいかし
きめ細やかで、質の高い医療をおこなう

大学卒業後、眼科を専門に研鑽を積む。海外留学を経験するなどスキルを磨き、「青葉台駅」そばに開業。

小林 由佳子 院長

小林 由佳子 院長

ありす動物眼科クリニック

青葉区/桂台/青葉台駅

  • ●犬
  • ●猫

眼科専門医ならではのスキルをいかして、地域の中で質の高い医療を提供

小林 由佳子 院長

きっかけはやはり動物が好きだからということです。身の回りに常に動物がいるという環境で育ったわけではないんですけど、野鳥の観察や写真撮影が趣味だった父に連れられて野鳥観察のフィールドワークをしているうちに、いつの間にか動物関係の仕事につきたいと思っていました。
最初は「動物園で働いてみたい」という希望があり、実際にそれを目指して東京都の獣医師になって働いていた時期もありました。その後、小動物の臨床医に転向し、何か専門分野を持った形でというのが私の希望となりました。
私は眼科の専門医ですが、当時の日本で眼を専門に勉強する場所が少なかったこともあり、恩師の先生に相談し、先生から紹介を受けてロンドンの大学で獣医眼科医としての基礎を学ぶ機会を得ました。 日本に帰国後、あちらで学んだことを活かす形で勤務医として診療を続け、2006年3月に『ありす動物クリニック』を開院しました。今年から動物眼科の二次診療施設として、皆様のご期待に応えるべく、飼い主さんと動物との関係を大切に考えた二次診療を心掛けています。

規模が小さい病院だからこそ、きめ細やかな診療を

小林 由佳子 院長

私がイギリスに留学していた当時(1995年頃)もヨーロッパやアメリカでは各科に分かれた専門医制度が確立されていました。
それと比べると日本は今でも専門診療という方向への流れはありますが、まだまだ過渡期という感じがします。
獣医さんでは何でも診てもらえるというのが飼い主さんに共通した思いではありますが、その一方でより専門性に特化したニーズも高まってきています。
一般診療も眼科診療も両方とも診るというスタンスで始まったクリニックでしたが、昨年、比較眼科学会獣医眼科専門医更新とアジア獣医眼科専門医を取得してから徐々に眼科診療一本にしていく決心が固まりました。
専門医での二次診療というと大学病院や高度医療施設での診療を想像する方が多いと思います。町のそれも小さな個人クリニックでの二次診療には抵抗のある方も多いかもしれませんが、大きな病院では出来ないような二次診療を目指したいと考えています。

飼い主さんにご協力いただけるよう、丁寧に言葉を尽くす

小林 由佳子 院長

人の場合は「見えにくい」ですとか、「痛い」といった自覚症状があるものですが、動物の場合は何も言ってくれないので、注意深く観察と各種検査をすることで病気を判断しなくてはいけないという違いがあります。
特に、眼の治療は、飼い主さんの協力が重要です。点眼や投薬といった実際の治療の多くを飼い主さんの手にゆだねるという側面があります。その際、薬の量やその用い方を充分に飼い主さんに理解していただかなくてはなりません。でも、これは非常に難しいことなんですね。エリザベスカラーといって傷の悪化を防ぐために用いる半円錐状のものがあるんですが、「24時間首に付けさせるのは不憫だ」とお思いになる方も少なくないんです。 治療を進めていくためにはまずは飼い主さんに納得していただくのが大事なことで、丁寧に時間を掛けて説明をするように心掛けています。

眼科医療をきっかけに、広く社会に貢献したい

私は日々の診療とは別に、盲導犬協会でもお仕事をさせていただいています。やはりこれも目に関することなんです。将来眼の病気にならないような盲導犬を育成していくプロジェクトに関わっています。
最近、1つのことを突き詰めてやっていくことで、広がりが生まれることも実感しています。最初はここで動物の眼科診療中心の診察だけをしていたものが、いつのまにか他院さんのお手伝いをするようになったり、盲導犬のお世話をしたりで、「色々とつながっていくんだ」ということを実感しています。私自身の目を大きく開いて、広く社会に貢献できるようにがんばっていきたいと考えています。

これから受診される飼い主さんへ

『ありす動物眼科クリニック』は、紹介制・完全予約制の動物眼科専門病院です。白内障手術、緑内障手術、網膜 レーザー光凝固手術、角膜潰瘍に対する移植手術、強膜内シリコン球挿入術(いわゆる義眼手術)など、地域の二次診療施設として、出来うる限りの最高の治療を提供してきたいと考えています。

※上記記事は2014.3に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

小林 由佳子 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:仕事と子育てでこの15年ぐらい自分の時間がなかったのでそろそろ何か始めたいなと考え中
  • 好きな本・愛読書 :最近は百田直樹、三浦しをんetc
  • 好きな映画:ジャンルにこだわりはありません。近々、娘と土竜の唄を観に行く予定です。
  • 好きな言葉・座右の銘:雨にも負けず、風にも負けず~
  • 好きな音楽・アーティスト:最近は娘の影響でアヴィリルラビーンを聞いています。ワンダイレクションも好きです。
  • 好きな場所・観光地:海、山、古い街etc 日本でも行った事のない県も多いので少しずつ行ってみたいと考えています。

グラフで見る『小林 由佳子 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

ありす動物眼科クリニック

青葉区/桂台/青葉台駅

  • ●犬
  • ●猫
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約