横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 獣医師―

中島 恵美子 院長/わかば犬猫病院 横浜西口駅前(横浜駅・犬)の院長紹介ページ

中島 恵美子 院長

EMIKO NAKASHIMA

犬猫と飼い主さんの幸せを考えた医療でサポートしたい

北里大学獣医学科卒業後、東京大学付属動物病院で研修医として3年間内科と外科に携わり、開業医のもとで診療の経験を積む。2013年、横浜駅近くに『わかば犬猫病院 横浜西口駅前』を開院。

中島 恵美子 院長

中島 恵美子 院長

わかば犬猫病院 横浜西口駅前

神奈川区/鶴屋町/横浜駅

  • ●犬
  • ●猫

地元の横浜で、飼い主さんと犬猫に寄り添う動物病院を開院

中島 恵美子 院長

小さい頃から犬・猫・うさぎ・カメなどが好きで、拾ってきては実家で飼うこともありました。高校2年生の時に生物の授業に夢中になり、進路を決める時期には動物に携わる仕事に就きたいと、獣医師を目指したんです。北里大学獣医学科卒業後は、東京大学付属動物病院で研修医として内科に2年、外科に1年在籍し、獣医衛生学講座では馬の細菌を扱う研究をしていました。その後、東京西葛西のペットクリニックなど数か所で勤務医として診療経験を積む中で、犬猫の幸せを考え、飼い主さんの生活環境や思いを大切にできる診療をおこないたいという気持ちが高まり、2013年、横浜駅の近くに『わかば犬猫病院 横浜西口駅前』を開院しました。実家のある生まれ育った横浜で開院できたことがとても嬉しいです。

一般診療を中心に、検診や手術、トリミングや日中のお預かりも

中島 恵美子 院長

当院では犬猫の診療をおこなっています。内科・外科・皮膚科・歯科・眼科などの一般診療だけでなく、予防、生活指導、健康検診、各種検査や手術、シャンプーやトリミングにも対応。日中のお預かりも承っています。
犬は、皮膚病で来られる方が多く、薬浴を用いた治療をおこなっています。アレルギー症状など皮膚病は季節問わず常に多くいらっしゃいますね。特にトイプードルは皮膚が弱く、耳や皮膚に痒みがでます。その他には、排尿のトラブル、嘔吐・下痢などの消化器系の疾患、高齢期の心臓・腎臓・甲状腺機能低下による疾患もよくみられます。猫は、腎不全、尿石症、心筋症、消化器系の疾患などが多いです。最近では長毛種の猫も多く、トリミングの需要も増えてきています。
私自身はどちらかというと内科的治療を得意としていて、難しい症例で手術が必要な場合は外科専門の先生にお手伝い頂くこともありますが、内科で治療が可能なものは内科で治すことをモットーにしています。お越しになる飼い主さんは、口コミかWEBサイトで検索してくる方がほとんどで、犬猫思いの飼い主さんばかりです。犬猫を家族だと思っている方が多く、長くお付き合いのあるゴールド会員が年々増えています。

習慣的な歯みがきでお口から健康になって欲しい

中島 恵美子 院長

犬猫も人間同様、お口の状態が全身へ影響を及ぼしますので、歯科は非常に大事な分野です。飼い主さんが分かっていてもなかなか上手く歯みがきができないことが多く、病院で歯みがきができるよう、置き歯ブラシをしている方もいらっしゃいます。超小型犬の場合、歯が悪くなると顎を骨折することもありますので、飼い主さんへ歯ブラシの徹底をしつこくお伝えしています。中には全身麻酔をかけてでも歯科処置が必要な場合もありますね。犬猫は飼い始めてからすぐに歯ブラシに慣れさせることがベストですので、飼い主さんへの歯ブラシ指導もおこなっています。
お口の予防も大切ですが、病気にならないための予防や早期発見・早期治療のためにも、定期健診を推奨しています。若い犬猫向けの簡単な血液検査コース、年齢を重ねた子には検査項目を増やしたより精密な検査やドッグドック、キャットドックをおこなうことをおすすめしています。また、年に一度誕生日に無料で尿検査をおこなうなど、飼い主さんにとっても、犬猫にとっても、病院が憂鬱な場所にならないように、みんなで楽しめるプレゼントキャンペーンやイベントを定期的に開催し、明るい環境作りを心がけています。

犬猫の気持ちになって、飼い主さんと共にできる治療を

いらっしゃる犬猫には、できるだけ病院を怖がらないよう、痛い・苦しい・痒いなどの症状を改善できるよう努めています。犬猫は言葉で人間に訴えかけることができないので、自分に置き換えて考え、嫌だと思うことはしないように。飼い主さんの生活環境を考慮した上で、たとえベストな治療方法ではなかったとしても、まずは犬猫にとってメリットのあることから治療を始めるようにしています。獣医師として彼らの気持ちを代弁し、どう思っているかを飼い主さんにお伝えすることも大切な役割の一つだと感じています。
飼い主さんへは、疑問や不安が残らないよう、思ったことを素直にお話し頂けるように心を砕いています。「先生が言ったからやらなきゃいけない」「できないけどやらなきゃいけない」「したくない治療をしなきゃいけない」というようなことにならないよう、納得頂けるまで一生懸命丁寧にご説明しています。質問や不安に感じることがないか、何度もお伺いすることで本音を聞くことができるので、飼い主さんの心を理解できるように向き合う姿勢を大切しています。我々獣医師やスタッフと飼い主さんが同じ方向を向いて治療をすることが一番大事だと思います。

これから受診される飼い主さんへ

ご自宅での日々の食事や排せつなどは飼い主さんもよく見ていると思いますが、体中を触ってあげて、耳の中、口の中、爪の長さ、足の裏の毛の長さなどチェックをして、犬猫が不快に感じるところがないか見てあげることが大事です。忙しい毎日の隙間時間にスキンシップをすることは飼い主さんにとってもリラックス効果が得られますし、是非大切な家族の一員である犬猫に病気が隠れていないか気にかけてあげて欲しいと思います。開院して5年半が経ち、今後は診療時間の延長や、日曜祝日の対応なども含めて、より犬猫と飼い主さんに優しい動物病院として、今度もみなさまのお力になれるよう精進していきたいと思います。

※上記記事は2019年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

中島 恵美子 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:キックボクシング、ゴルフ
  • 好きな本:育児エッセイ、育児漫画
  • 好きな映画:楽しい映画
  • 好きな言葉:謙虚
  • 好きな音楽・アーティスト:映画のサウンドトラック、平井堅、懐メロのカバー曲

グラフで見る『中島 恵美子 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION