横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 獣医師―

山下 智之 院長/上大岡キルシェ動物病院(弘明寺駅・犬)の院長紹介ページ

山下 智之 院長

TOMOYUKI YAMASHITA

飼い主さんのお気持ちに寄り添いながら
「不安」が「安心」に変わる診療を

麻布大学獣医学部を卒業後、勤務医として幅広い症例に携わり、スキルを磨く。2016年、愛着のある地元に開業。

山下 智之 院長

山下 智之 院長

上大岡キルシェ動物病院

南区/中里/弘明寺駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●フェレット
  • ●ウサギ
  • ●ハムスター
  • ●は虫類
  • ●両生類
  • ●鳥
  • ●その他

動物が大好きな少年が、獣医師に

山下 智之 院長

私は小さな頃から動物が大好きで、自宅では小さな虫や鳥、ハムスターをはじめとした小動物など、いろいろな動物を飼っていました。自分の家族として迎えた動物たちを、最初から最期までみたい。そう考えたのが、獣医師をめざす最初のきっかけでした。
麻布大学獣医学部を卒業した後は、横浜市内にある動物病院に在籍し、犬・猫を中心にさまざまな動物を診療しました。その後、将来的な開業を見据えて「専門性を身につけよう」と考え、それぞれに特色のある動物病院で研鑽を積みました。がんや呼吸器、外科、エキゾチックアニマルなど、曜日ごとに異なる動物病院で診療にあたり、スキルを磨き『上大岡キルシェ動物病院』の開業を決めました。

愛着のある地域に根ざして、「不安」が「安心」に変わる診療を

山下 智之 院長

勤務医時代からエキゾチックアニマルを多く診てきたものですから、ここにやって来る動物たちも犬・猫が6割、その他の動物が4割ほどと言った感じでしょうか。夜遅い時間にエキゾチックアニマルを診られる動物病院はまだ少ないのが現状ですし、他のドクターの協力を得ながら、地域のみなさまのお役に立つことができたらと思っています。
『上大岡キルシェ動物病院』の「キルシェ」には、ドイツ語で「桜」という意味があるのですが、桜は南区の区の花であると同時に、私が大好きな花でもあるんです(笑)。私自身、この地域で生まれ育ちましたので、愛着のある地域に恩返ししたいという気持ちが強いですし、不安なお気持ちでいらした飼い主さんに寄り添いながら、「不安」が「安心」に変わるような診療をしていきたいと思います。

高品位な医療機器を導入して、正確な診査・診断に努める

山下 智之 院長

開業までの間、がんをはじめとした腫瘍や呼吸器の分野についてスキルを磨いてきたこともあり、この病院でも正確な診査・診断のもとに、本当にご満足いただける治療をおこないたいと考えています。たとえば、吸って・はいてを繰り返す「肺」は、レントゲン静止画像で見るよりも、レントゲン動画で確認した方が、症状を正しく診断することができます。そのため、「画像診断」という部分にはとくにこだわりをもって、高品位な医療機器を導入しました。
と言いましても、エキゾチックアニマルについては、できる検査が限られており、犬や猫に比べると診断をつけるための材料が大幅に少なくなります。犬や猫では、パズルのピースが順調に埋まっていくのに対して、エキゾチックアニマルでは足りないピースに描かれた情報を推理しなければならないんですね。そうした場合には、飼い主さんからペットたちの日頃の様子を伺ったり、珍しい種については彼らの生態をレクチャーしていただくこともあります。そしてもちろん、飼い主さんのご意向もしっかり伺いながら、1つ1つのケースでベストを尽くしたいと思っています。

飼い主さんのお気持ちに寄り添い、最善を尽くす

私たち獣医師は、動物たちの体をみて、さまざまな検査をして、飼い主さんからお話を伺うことによって病名を導き出すわけですが、「1つの病気には、1つの治療しかできない」というわけではありません。動物たちのコンディションやご家族のご意向などに合わせていくつかの治療方法をご提案して、どの治療をお選びになるかは飼い主さんにご判断いただくことになります。
どんな風に治療を進めていくのかについては、ご家族の中でも意見が分かれるケースがあるかもしれません。そうした場合にも、お1人お1人の想いをくみ取って、飼い主さんとご一緒に「ベターな選択肢」を見つけたいと思います。たとえベターな選択であっても、ベストな結果が得られるように。ご家族のみなさんも、私自身も納得がいく治療ができるよう、精一杯力を尽くしたいと思います。

これから受診される飼い主さんへ

『上大岡キルシェ動物病院』は、「上大岡駅」「弘明寺駅」からそれぞれ歩いて10分ほどの場所にあります。
動物たちの病気も人間と同じように、早期発見・早期治療が大切です。彼らと一緒に暮らしているご家族が「何かおかしい」と違和感を覚えるときは、何らかのサインであることが多いですから、「こんなことを相談していいかしら?」などと遠慮なさらずに、お早めに受診していただくと良いですね。私自身、一方通行の診察にならないよう、飼い主さんのお話にきちんと耳を傾けることを心がけておりますので、たとえ小さな気づきであっても気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2019年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

山下 智之 院長 MEMO

  • 出身地:横浜市南区上大岡
  • 趣味:キックボクシング
  • 好きな本:啓発本
  • 好きな映画:アクション映画/ジュラシック・パークシリーズ
  • 好きな言葉・座右の銘:幸せは感謝の中に生まれる
  • 好きなアーティスト:Mr. Children
  • 好きな場所:沖縄

グラフで見る『山下 智之 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION