横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 獣医師―

植野 孝志 院長/横浜南どうぶつ病院(黄金町駅・犬)の院長紹介ページ

植野 孝志 院長

TAKASHI UENO

充実の設備と高いスキルをいかして
動物たちと飼い主さんに負担の少ない診療を

麻布大学獣医学部動物応用科学科、酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業。血液病や超音波検査を中心に研鑽を積み、「阪東橋駅」そばに開業。

植野 孝志 院長

植野 孝志 院長

横浜南どうぶつ病院

南区/真金町/黄金町駅

  • ●犬
  • ●猫

「愛犬をケアしたい」、その想いが原動力に

植野 孝志 院長

きっと、多くの獣医さんがそうだと思いますけれど、私も小さな頃から生き物が大好きで、原っぱに出かけて行っては昆虫を採ったり、河原でザリガニや魚を捕まえるような子供でした(笑)。こんな風にお話しすると、少年時代の想いをそのままに獣医師になったと思われるかもしれませんが、最初に考えていたのは今のような「町の獣医さん」というわけではなかったんです。
私はもともと野生動物に興味があったものですから、大学でもその分野を専門的に学んでいました。ところが学生時代、飼っていた愛犬が体調を崩すようになって、動物病院に通いはじめたんですね。今のようにインターネットで検索できる時代ではありませんから、実家の近くにあった動物病院を受診しました。そしてそのとき、愛犬の様子をひと通りみて、注射をして、「高齢だから仕方がない」「あとは様子をみてください」という診療がどうにも納得できなかったんです。野生動物に関わる以前に、まずは自分の愛犬をケアできるようになるのが先ではないか、と。そう考えて改めて大学で学び、現在に至るという感じです。

設備面の充実をはかり、クオリティの高い診療をおこなう

植野 孝志 院長

『横浜南どうぶつ病院』を開設するまでは、同じ横浜市内にある動物病院で診療していました。この辺りは、動物を飼っている方がたくさんいらっしゃいますし、何よりも素晴らしいご縁に恵まれて、2017年12月の開業を迎えました。来院されるのは、近隣にお住まいの飼い主さんと動物たちのほか、以前からお付き合いが続く方、セカンドオピニオンを求めていらっしゃる方などさまざまです。みなさん、当院に信頼を寄せてお越しになるわけですから、私としてもしっかりとお応えしていきたいと思っています。
かつて私の愛犬がそうだったように、十分な検査がなされず、正しい診断がされないために、症状が進むようなことがあってはいけません。私としても、「あの機器があれば出来たのに…」と後悔したくありませんし、限界をつくるよりも可能性を広げたいと言いますか。開業にあたっては、顕微鏡やエコー(超音波)、内視鏡など、高品位な医療機器をそろえましたが、今後もさらに設備面の充実をはかり、クオリティの高い診療をおこないたいと考えています。

ゆっくりと時間をかけて、動物たちと飼い主さんに向き合っていく

植野 孝志 院長

診療の際に心がけるのは、動物たちの体をしっかり触ること。そして、飼い主さんのお話をよくお聞きすることです。動物たちを診察するときは、頭からしっぽの先まで、じっくりと見ますからね。たとえ身体検査のような単純な診察であっても、どうしても時間がかかってしまうんです(笑)。そのため当院では、1時間の枠に1組のペースで予約をお取りすることで、動物たちと飼い主さんにゆっくり向き合えるようにしています。
動物たちは自分で話すことができませんし、私たちが彼らを見られるのは、ほんのひと時です。つまり、動物たちといつも一緒に過ごす飼い主さんの役割はとても大きいものなんですね。だからこそ私は飼い主さんに、「ちょっとおかしいと思ったら、すぐに来てください」とお伝えします。早く来ていただければ、その場ですぐに検査をして、早く・適切な治療ができるでしょう。早期発見・早期治療ができれば、予後は大きく変わってくるものです。できるならば、元気なときから定期的に足を運んでいただいて、小さな異変を見逃さないようにしたいですね。

動物たちにも飼い主さんにも、負担の少ない診療を

当院では、犬・猫を専門に幅広い症状に対応しておりますが、とくに私が得意としているのが血液の病気と超音波診断です。血液学には大学時代から興味をもっていて、卒業後は血液疾患の第一人者と言える先生のもとで勉強させていただきました。先生は、「不必要な検査はしない」「最低限の検査で徹底して調べ尽くす」という考えのもと、動物たちにも飼い主さんにも負担の少ない診療をなさっていました。実際に、血液を調べるとたくさんの情報が得られる一方、検査費用を抑えることにもつながるんですよ。
一方の超音波は、動物たちに痛みを与えることなく、体内の情報をリアルタイムに得られる検査です。ただし、体の中の小さな異変を見つけられるかどうかは、獣医師の力量にかかっていると言いますか、非常に高い専門性が求められる検査でもあるんですね。そのため、私は研修医の頃から仲間たちと毎日練習に励むことでスキルを磨いてきました。血液学も超音波検査も、動物たちのさまざまな症状に応用できますので、診療をしていて日々やりがいを感じます。

これから受診される飼い主さんへ

『横浜南どうぶつ病院』は、「阪東橋駅」から徒歩8分、「黄金町駅」や「関内駅」からも徒歩圏内の場所にあります。
私からお伝えしたいのは、すこしでも「おかしいな?」と思うことがあったら、すぐに受診してくださいということです。私がこの道に進むことを決めたとき、飼い主さんへの丁寧な説明と、動物たちに寄り添った治療法を提案できる獣医師になろうと考えました。その目標に向けて自己研鑽に励み、知識と技術を積み重ねてきました。動物たちの様子に気になることがありましたら、どうかお早めにご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2019年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

植野 孝志 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:犬の散歩、登山、ドライブ、寺巡り
  • 好きな作家:村上春樹
  • 好きな映画:ジブリ
  • 好きな言葉・座右の銘:苦あれば楽あり
  • 好きなアーティスト:ZARD、Greeeen
  • 好きな場所・観光地:北海道

グラフで見る『植野 孝志 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION