横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 獣医師―

林 賢太郎 院長/もも動物クリニック(港南台駅・犬)の院長紹介ページ

林 賢太郎 院長

KENTARO HAYASHI

「ここにこの病院があってよかった」。地域の人にそう思っていただけるような存在へ

日本獣医畜産大学(現:日本獣医生命科学大学)卒業。浦和市(現:さいたま市)の動物病院勤務を経て、桂台南に『もも動物クリニック』を開院。2012年にイトーヨーカドー隣へと移転(「桂山公園バス停」より徒歩1分)。現在に至る。

林 賢太郎 院長

林 賢太郎 院長

もも動物クリニック

栄区/桂台中/港南台駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ハムスター
  • ●ウサギ
  • ●フェレット

動物のすべてに携われることに喜びと責任を感じて

林 賢太郎 院長

至極単純と申しましょうか、よくある話なのですけれど、小学生の頃から猫を自宅で飼っていました。動物病院に連れていくのは私の役割であり、実際に獣医師さんの仕事を見る中で、「この仕事、いいな」と憧れを抱くようになったのです。
他の仕事と比べることはできないのですが、自分としてはこの職業は私に合っていたように思います。やはり、動物が好きですしね。まず彼らと常に一緒にいられることがうれしいし、彼らを治してあげることそのものがうれしい。ご存知のように街の動物病院では手術から予防注射まで、ありとあらゆることに関わることになります。それだけにしんどい思いをすることもありますけれども、逆に言えばその多様さが大きな魅力になっているように思います。

飼い主さんとの信頼関係の構築を第一に考えて

林 賢太郎 院長

いかに飼い主さんに信頼していただけるか、ということが大事なことと思います。質問をしやすい雰囲気を作り、しっかりとお話をする。その部分を欠いてしまっては、上手くいくことも上手くいかなくなることがあると思うのです。
私自身が病院に行って色々と感じることもあるんですね。非常に優秀なお医者さんだったとしても、対応のいかんで不安を感じてしまうこともありますし、その逆もまたあるでしょう。言葉にするのは難しいことですけれど、ご家族が不安を感じることなく、信頼していただけるように努めることが何よりも大切なことと認識しています。

あえて得意なものを作らず

林 賢太郎 院長

この十数年で飛躍的に機械の性能が上がったものとして、超音波検査があります。心臓病等、内科的な診断についてはエコーに頼るところも多いですし、重宝していますね。
ただ、だからと言ってそこに偏るわけにもまいりません。この仕事では、得意不得意などということは言ってられないのです。あるものが得意になって傾倒すると、違う面で不得意なことが出てくるかもしれません。何かに特化するのではなく、むしろ不得意なものを作らないよう日々研鑽していくことが大切と思っています。

自らの能力を正確に評価することも大切

一昔前に比べて、いわゆる専門病院が増えてまいりました。ですから、今の時代は逆に自分に出来ないことを把握しておくことが大事なことと思いますね。十数年前であれば、紹介しようにも紹介先がなく、少し無理をしてでも自らが手を下さなければならないということが多々ありました。しかし、今の時代にそれは許されないことでしょう。もちろん、出来ることはしっかりとやる。その上で、より飼い主さんの利益につながるのであれば、専門の医療機関へと橋渡しをする役割が私たちにはあると考えています。日々、出来ることの精度を高めていくのと並行して、提案すべきことをすべて開示していくことが私たちには求められるのではないでしょうか。

これから受診される飼い主さんへ

何か気になることがあれば、気軽に相談してもらいたいですね。人の病院でもそうですが、「こんなことで行ったら迷惑かな……」と躊躇されてしまうケースがままあると聞きます。私としましては、飼い主さんがそう思うようになってしまわれるのは我々の側の責任だと思うのです。常々コミュニケーションを取り、なんでも話していただける。そういう関係を作っていくことが、動物の命を守る上で何よりも大切なことではないかと思っております。
ここに病院があってよかった。地域の方々にそう思っていただけるような病院でありたいですし、その目標を終生のものとしてこれからも頑張っていきます。

※上記記事は2019年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

林 賢太郎 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:自転車
  • 好きな作家:スティーブン・キング
  • 好きな映画:『トゥルーマン・ショー』『ホビット』
  • 好きな音楽・アーティスト:クラシック/サザンオールスターズ
  • 好きな観光地:箱根

グラフで見る『林 賢太郎 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION