横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

小川 憲章 院長/小川メディカルクリニック(市が尾駅・消化器内科)の院長紹介ページ

小川 憲章 院長

KENSHO OGAWA

地域の「かかりつけ医」として
患者さん1人1人と真摯に向き合う

北里大学医学部を卒業後、外科を専門に研鑽を積む。2003年、都筑区荏田南に開業。

小川 憲章 院長

小川 憲章 院長

小川メディカルクリニック

都筑区/荏田南/市が尾駅

  • ●消化器内科
  • ●内科
  • ●外科
  • ●肛門科

幼少期の体験をきっかけに、外科医として研鑽を積む

小川 憲章 院長

手術になったみたいで…「今晩がヤマです」と言われたようなんです。病院には歩いて行ったくらいだったのですが・・・(笑)。
ただ今にして思うと、そうした経験を経た事も、幼心に医師になりたいと思うようになったキッカケになったと思っています。

消化器外科を専攻しようと思ったのは北里大学に進んでからの事です。
大学の友達と話しているうちに、せっかく医師を目指すのだから医師にしか出来ない仕事=手術をする道を選ぶべきだろうと考えました。当時、医師といえば手術、という考えが私の中にあったのでしょう。

開業するにあたり、本当はまだ大きな病院で手術等にたずさわっていたいという気持ちもありました。ですが、いずれ年齢的な理由で手術から離れなければならなくなる事もまたわかっていましたので、そうした点を考慮し、今が開業医として新たな道を歩む時なのかもしれないと考え、2003年に小川メディカルクリニックを開院致しました。

地域の「かかりつけ医」として、病気の早期発見に努める

小川 憲章 院長

大きな病院の場合、患者さんは特定の医師ではなく病院を選んでいるのだと思われます。
これが開業医になりますと、患者さんはこの先生に診てもらいたいからという理由でクリニックを選ぶという側面があるかと思うのです。
私が開業医となることを決めた理由のひとつに、そうした患者さんの期待に応える新たなチャレンジをしたいということがありました。

勤務医として手術にたずさわっていた時には、手術が成功して患者さんに感謝していただけることを嬉しく感じておりました。
開業医となって手術に直接関わる事はなくなりましたが、検査を受けていただくことで悪性腫瘍等の早期発見につなげることが、いかに大事かということは前にも増して実感するようになりました。
当院で検査を受け、それが元で大きな危険を回避出来たことを患者さんに喜んでいただけるのは本当に嬉しい事だと思っております。

患者さん1人1人を、最適な医療につなげていくために

小川 憲章 院長

開業医を専門医としての側面から考えますと、内視鏡検査の大切さを皆さんに理解していただくことが重要だと思っています。検査をすることでガンの早期発見が可能となるからです。
そうは申しましても、過去に胃カメラ等で苦しい経験をされた方は、頭ではわかっていても、どうしても検査をしたくないという方も多いかとは思います。
当院ではそういった方達にも安心して検査を受けていただけるよう、十分な説明をして、苦痛のない、また安全な検査を日々心掛けています。
咽頭反射の強い方はご希望によりセデーション(簡単な麻酔)下に検査をすることも可能です。もちろん安全のため検査中は血圧、心電図、酸素飽和度等のモニタリングを行っておりますので安心して検査を受けていただけます。

一方で開業医には家庭医としての側面もございます。
赤ちゃんからご年配の方まで、地域のかかりつけ医として、最初に患者さんに接することが出来るのが開業医です。疾患を診て、この方はより専門的な医師の診察を受けた方がよいと判断したのなら、適切な処置を施した上で専門医に紹介することが重要になってきます。
自分が出来る範囲と専門医に紹介したほうがいい場合とを線引きするために、広範囲の医学知識を備えることが求められます。
専門医としての知識のブラッシュアップに努めるのと同時に、いわば専門外の分野に関しても勉強や情報交換を常におこなうようにしております。

これからも私個人を信頼して、当院を訪れていただいている患者さんのお気持ちのこたえていかなかればと思っております。

患者さんと真摯に向き合い、確かな信頼関係を築いていく

患者さんの訴えをよくお聞ききするとういことです。
診察を進めていく中で、患者さんご自身が取るに足らないことと判断されて言い淀むケースがあります。ですが実際はそういったことの中に重要な事実が含まれていることも多いのです。
我々医師は患者さんが率直に意見を述べられるように務めなければなりません。診断をした上で検査をするとか、お薬で身体のコントロールをするということも重要ですが、何より大事なのは患者さんの仰ることに耳を傾けるという姿勢だと思います。常に新鮮な気持ちを持って患者さんに真摯に向き合わなければならないと考えています。

これから受診される患者さんへ

お身体の調子のいい時にこそ、内視鏡検査を受けていただきたいと思います。健康であれば検査そのものも、より楽に受けることが出来ますので。40歳を過ぎましたら年に1回をメドに検査を受けてみることをおすすめします。

地域のかかりつけ医として皆様に信頼されるよう努力していきたいと思っております。お身体に少しでも不安をお持ちの方はどうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2010.10に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

小川 憲章 院長 MEMO

  • 出身地:愛媛県
  • 趣味・特技:ゴルフ、読書、ダイビング
  • 好きな本・愛読書 :ミステリー
  • 好きな映画:タイタニック
  • 好きな言葉・座右の銘:Where there is a will , there is a way
  • 好きな音楽・アーティスト:クラシック(バッハ)
  • 好きな場所・観光地:沖縄、ハワイ

グラフで見る『小川 憲章 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION