横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

筑丸 志津子 院長/ケセラ スキンケア クリニック(あざみ野駅・皮膚科)の院長紹介ページ

筑丸 志津子 院長

SHIZUKO CHIKUMARU

地域のみなさまの「かかりつけ医」として
患者さんの笑顔が増える診療を

大学卒業後、皮膚科を専門に研鑽を積む。総合病院での診療や訪問診療を経験し、2006年に開業。

筑丸 志津子 院長

筑丸 志津子 院長

ケセラ スキンケア クリニック

青葉区/荏子田/あざみ野駅

  • ●皮膚科
  • ●形成外科

人のためになる仕事をしたい、そんな想いから医師を志すように

筑丸 志津子 院長

最初は刑事になりたかったんです。で、テレビの刑事ドラマを見ると、とにかく走ってるでしょ。だから走らなきゃいけないと思って毎日マラソンをしたりしていました。でも、ふと考えてみると刑事って女性はいないんですよね。「これはダメだ」と思ってちょっとがっかりしたところ、今度はアメリカのレスキュー隊がテレビで紹介されているのを見て、「これだ」と思いました(笑)。でも、レスキュー隊員も女性は難しそうだということがわかって、これも断念ということになったんです(苦笑)。
そこで考えたのが、なにか人のためになるような仕事。小学校6年生の頃でしたが、そこからお医者さんを目指すようになりました。

皮膚科を選択したのは、この科特有の「見てわかる」という部分です。症状についてもそうだし、治療の結果についてもそう。一種職人的なところがあるんですが、見分けるセンスを知識と経験によって磨いていけるところに魅かれてのことでした。
関東逓信病院(現:NTT東日本病院)に15年勤務し、その後大学で皮膚科の学位を取得したのち、老人施設の訪問診療医を経て、2006年に『ケセラ スキンケアクリニック』を開業しました。老人施設を診ていた時は、たまプラーザ周辺を廻っていたもので、馴染みのあるこの場所に自分のクリニックを開こうということになったんです。

患者さんの笑顔を励みに、日々の診療にあたる

筑丸 志津子 院長

年齢層にもよりますが、アトピーの患者さんが一番多く、次にニキビ、皮脂欠乏性湿疹といった順番になります。皮脂欠乏性湿疹とは年齢を重ねるにつれ、脂分が少なくなり、かゆみ等を伴う症状です。
皮膚科の治療は、杓子定規にはいかないというのが特徴だと思います。ニキビを例にしますと、同じような思春期の子でも、体質的に出来やすい子もいれば、皮膚が乾燥しすぎてニキビが出来てしまうなど、原因は様々です。当然、原因によって治療方法は全く変わってきます。
そこを見極めるのが私たちの仕事であり、それを越えて「キレイになった」と喜ぶ患者さんのお顔を見られるのが、ここまで仕事を続けてこられた一因なんだと思いますね。

豊富な経験と高いスキルをいかして、QOL(生活の質)向上をお手伝い

筑丸 志津子 院長

アトピーとニキビの治療には殊の外力を注いでいますが、その他にシミやたるみといった美容系のお悩みで来院される方もたくさんいらっしゃいます。
例えば湿疹の症状で来られたら、普通は「これ、治りますか?」となりますよね。皮膚科特有だと思うんですが、そこで、「これ、キレイになりますか?」と仰る患者さんがすごく多いんです。皮膚科の場合、ただニキビという疾患が治ればそれで良しというわけではなく、ニキビの跡もキレイにしたいと考えるのが普通で、その段階までいって初めて、「治った」という患者さんの満足につながります。
プラスαの医療というのでしょうか。キレイになることで、外にも出たくもなるし気持ちも華やいだ感じになる。症状がなくなれば終わりではなく、その先の生活の質の向上につなげていくことが、これからの皮膚科診療に求められてくる要素だと考えています。

サプリメントを含め、食生活についてもアドバイス

私も含め、スタッフの多くがサプリメントアドバイザーという資格を有していますので、サプリメントのことでお悩みであれば、気軽に相談していただければと思います。
サプリメント自体、一般的に病院で扱っておられるところは少ないかと思いますが、一方でサプリが皆さんが生きる手助けになっているのも事実かと思います。私がお医者さんになって最初に困ったのが「食べちゃいけないものってあります?」といった質問でした。当時とは状況も変化してきてるとは思いますが、意外とお医者さんって栄養学に疎いところがあるんです。私も当初は「ビタミンCはレモンに多い」とか、そんな程度の知識しかありませんでした(笑)。
栄養学を学んだのは、その時期の経験があったからこそで、普段のお食事やサプリメントに関して、出来る限りのアドバイスをしていきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ

「これはどこの科に行けば良いの?」と迷われたら、まずは足を運んでみてください。紹介もおこなえますし、適切なアドバイスが出来るものと考えています。
病院って、先生を目の前にして「こんなこと相談して良いのかな?」とか、「怒られちゃうかな?」と、思っていることの半分も言えない状況があると思うんです。どんなことでも気軽に相談のしやすい雰囲気を保ちたいと考えていますし、お帰りの際、「元気をもらった」と感じていただけるようなクリニックでありたいと考えています。

※上記記事は2013.2に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

筑丸 志津子 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:社交ダンス
  • 好きな本・愛読書 :歴史物(女性の生涯を描いたもの)
  • 好きな映画:ハリウッド・アクション
  • 好きな言葉・座右の銘:和して同ぜず
  • 好きな音楽・アーティスト:クラシック/松任谷由実、EXILE
  • 好きな場所・観光地:海の見える場所

グラフで見る『筑丸 志津子 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION