横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

椋本 茂裕 院長

SHIGEHIRO MUKUMOTO

眼科専門医として、1人の父親として
地域のみなさまに最良の医療を提供する

聖マリアンナ医科大学を卒業後、眼科を専門に研鑽を積む。約10年にわたって経験を重ね、「たまプラーザ駅」そばに開業。

椋本 茂裕 院長

椋本 茂裕 院長

むくもと眼科

青葉区/美しが丘/たまプラーザ駅

  • ●眼科
  • ●小児眼科

自らの体験をきっかけに医師になり、眼科を専門に研鑽を積む

椋本 茂裕 院長

中学生の時だったと思います。突然目が痛くなり、近所の眼科に駆け込んだのです。おそらくゴミが目に入ったんだと思うのですが、先生はとても親切に対応してくださり、痛みもすぐに消え、不安もまたおさまりました。眼科医という職業に興味をおぼえたのは、その時からです。
私は、お医者さんになるというより、眼科医になりたいと考えていました。「見る」ということ、それ自体を面白いと感じたのです。たとえば、人以外の動物は白黒に見えるそうなのに、人だけがカラーで見ることが出来る。「見る」ということの不思議さ。そこに興味をおぼえ、この道を選んだということなんですね。
大学を卒業して大学病院での勤務を経た私は、横浜総合病院で診療に臨むこととなりました。正直なところ、それまで大学病院では“眼だけ”を診ていたようなものでした。時間に追われていたこともありますが、患者さんの生活まで考えが及ぶことはなかったのです。総合病院に移ったことで、それまでの診療というものは一変しました。患者さんの気持ちや、お子さんを連れてくる親御さんの気持ち。生活の周辺にまで眼を配って診療をすることに、医師としてのやりがいを感じるようになったのです。
『むくもと眼科』は、2010年にこの場所(東急田園都市線・たまプラーザ駅改札を出てすぐ)で開院を迎えました。あの時抱いた思いをそのままに、青葉区の方々に少しでも恩返しをさせていただければと思っています。

眼科専門医ならではのスキルをいかし、患者さんのお悩みに応えていく

椋本 茂裕 院長

赤ちゃんから70歳、80歳のご年配の方まで、幅広い層の方がお見えになっています。症状としては、20代から40代の方ですと、いわゆる疲れ目を訴える方が多い傾向にありますね。今はパソコンを日常的に多く使われている方が多いですから、それを要因として眼が乾き、疲れ目を呼び起すということが多くなるのでしょう。
そして、40代以降になりますと、老眼が増えてきます。手元にピントが合わせにくくなるという現象であり、対処としては、老眼鏡を使っていただいたり、遠近両用の眼鏡を使っていただくことになります。
誰しもにいずれ訪れることではあるのですが、これまで眼鏡と縁のなかった人にとって老眼とは受け入れがたい事実であるのでしょう。皆さん、一様にショックを受けられます。出来る限りソフトに、しかし、必要なことをしっかりとお伝えするという姿勢が私たちには求められるのだと思っています。

医師として、1人の父親として、小児医療にも力を注ぐ

椋本 茂裕 院長

お子さんについては、出来るだけ同じ目線で診るということが重要です。やはり、小さければ小さいほど、うまく表現出来ないので、たとえば、「プールに入った時に痛くなるの?」といったように、わかりやすいシチュエーションを挙げながら状況を把握出来るように努めています。
お子さんには、常に笑顔を心掛けていかなければなりません。同時に、部屋を明るくすること。眼科は通常、部屋の明度を落としてあります。映画館と同じで、回りが明るいと診察が難しくなるからなんですね。しかし、子どもにとってはそれが恐怖を呼ぶことになります。笑顔で迎え、明るい雰囲気を作ることが子どもを診るにあたっては大切なことになのです。子どもに関しては、まだまだあります(笑)。お子さんってどうしても飽きるのが早いと言いますか、視力検査をしていても、右目が済んで左を測ろうとすると、もう逃げちゃう(笑)。スムーズに必要な情報を得て、子どもの負担にならないように確実に診療を終えるということも考えなくてはなりません。

独身の時にはまったく気にならないことであったのですが、自分で子どもを持つと、色んなことに気づかされるようになりました。たとえば、眠くなって集中力が落ちてくる時間帯、等々。人の親になったからこそ気づき、またそれが生かされることも多くなってきたように思います。

高品位な医療機器を導入し、正確な診査・診断を心がける

糖尿病網膜症や緑内障ということになってくるでしょうか。このうちの緑内障は、視野が徐々に欠けてくる病気になります。見える範囲のちょうど真ん中を残し、その周辺から弧を描くように視野が欠けていくのです。
緑内障は、治すことの出来る病気ではありません。治療の方向性としては、悪くなるスピードを緩め、現状維持を目指していくことが第一になります。目薬によって眼圧が下がればそれがベストで、目薬による効果が認められない場合、手術によって眼圧を下げていきます。
当院では、OCT(光干渉断層計)という機器を導入しています。これは、緑内障はもとより、糖尿病網膜症や加齢黄斑変性症といった病気を従来より迅速に診断をおこなえるものです。また、画像を保存することが可能ですので、以前の検査結果と比べて、症状が進行しているかどうかを正確に把握することが出来ます。
40歳を境にして、会社の健康診断等で指摘を受けられたら、一度眼科で検査を受けてみていただきたいですね。

これから受診される患者さんへ

飛蚊症や充血、目の痛みなど、変化が急な時はなるべく早く眼科にいらしてください。急性の変化は、最悪の場合網膜剥離等も疑われますから、気づいた時に早く、ということが肝要になります。 『むくもと眼科』は、地域の皆様の目の健康を守るホームドクターとして、信頼いただけるクリニックを目標として参ります。何か少しでも目のことで不安なことがありましたら、お気軽に来院いただき、ご相談していただければと思います。

※上記記事は2015年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

椋本 茂裕 院長 MEMO

  • 出身地:三重県
  • 趣味・特技:野球、水泳、サーフィン
  • 好きな本・愛読書 :スポーツ雑誌
  • 好きな映画:ミッション・インポッシブル
  • 好きな言葉・座右の銘:ベルヌーイの法則
  • 好きな音楽・アーティスト:嵐
  • 好きな場所・観光地:ルスツスキー場

グラフで見る『椋本 茂裕 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION