横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

漢方内科スペースシン(あざみ野駅・漢方内科)の病院情報ページ

漢方内科スペースシン

青葉区/あざみ野/あざみ野駅

  • 漢方内科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 045-777-6502
所在地 神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-35-38
最寄駅 あざみ野駅
駐車場 3台あり
WEB http://www.space-shin.jp
休診日 金曜・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 [平日]9:00~12:00 14:00~17:00
[土曜]予約制(午前診療のみ)
特徴
  • ●駐車場あり
  • ●女性医師
  • ●鍼治療
橋詰 清江 院長

KIYOIE HASHIZUME

橋詰 清江 院長

体の不調に「中医学」でアプローチ 漢方内科を中心に、安心の医療を提供

◆西洋医学と中医学を融合した「漢方内科」で、病気にかかりにくい体づくりをサポート◆

『漢方内科スペースシン』は、西洋医学と中医学を融合させた「漢方内科」と鍼治療をプラスした「総合医療」をご提供しています。

病気になると、大きなピンチに見舞われたような気になってしまうかもしれません。
でも、ご自分の生活習慣を見直したり、病気にかかりにくい体づくりをするチャンスだと考えてほしいと思います。
私たちは、患者さんに訪れたピンチをチャンスに変えられるように、精一杯お手伝いをさせていただきたいと思います。

体調が以前と違うと感じたり、検査をしても異常は無いが、何となく調子が思わしくないという方は、是非ご相談ください。中医学、西洋医学の両方からアプローチし、病気にかかりにくい体づくりを目指します。

橋詰 清江 院長への独自インタビュー

辛い症状に苦しむ患者さんを助けたい、そんな気持ちで中医学を学ぶ

私には2歳下の弟がいたのですが、残念ながら子供のころに事故で亡くなってしまったんですね。人の生死に直面したのはこのときが最初で、私が医師になる最初のきっかけになったと言えるかもしれません。その後、中学、高校と進んで、本格的に医学部進学をめざそうと考えたのは、たしか高校2年生のときだったと思います。
聖マリアンナ医科大学を卒業した後は、大学病院に残って消化器内科を中心に経験を重ねました。その後、出向という形で鎌倉にある聖テレジア病院で診療するようになったのですが、このときの体験がきっかけで、中医学を勉強したいと考えるようになったんです。西洋医学では診断がつかない症状を解明して、少しでも患者さんのお力になれたら。そんな想いから、改めて遼寧中医大学附属日本中医薬学院に学びました。

異常がなくても正常ではない、体の不調に中医学でアプローチ

私が勤務医をしていたころ、ある患者さんが体調不良でお悩みになっていました。たしかに胃腸の調子は思わしくなかったものの、血液検査をしても、内視鏡や超音波検査をしても、これといった異常は見つからなかったんですね。ところが、診察をして「異常ありませんよ」とお伝えしても、患者さんの顔は曇ったまま。それどころか、ご自分の症状に病名がつかないことで、かえって不安なお気持ちになられたようなのです。このとき私は、異常がないからといって、必ずしも正常であるとは限らないのだと痛感しました。
西洋医学的な診断がつかないケースは、年齢のせいであったり、ストレスのせいだと考えられることが多くあります。でも、中医学を学んだ今の私ならば、なぜ症状が出ているのか、なぜ検査結果に異常がみられないのか、ご説明することができます。私は、中医学を学ぶために3年間を費やし、その後は各地のクリニックで漢方外来を担当してきました。また、開業まで在籍していた千葉県の名戸ヶ谷あびこ病院では鍼灸師とコラボレーションをして、西洋医学と中医学を融合させた「漢方内科」の創設に携わった経緯もあります。そして、新たに開院した『漢方内科スペースシン』でも、漢方内科に鍼治療をプラスした「総合医療」をご提供していきたいと思います。

続きを読む→

青葉区あざみ野2-35-38

あざみ野駅

グラフで見る『橋詰 清江 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より