横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

富永 一恵 院長/第一眼科(センター南駅・眼科)の院長紹介ページ

富永 一恵 院長

KAZUE TOMINAGA

豊富な知識と経験をいかして
お1人お1人に最良の医療を提供する

東京女子医科大学を卒業を、内科医を経て横浜市大の眼科へ。1995年、「センター南駅」そばに開業。

富永 一恵 院長

富永 一恵 院長

第一眼科

都筑区/荏田東/センター南駅

  • ●眼科

父や兄と同じ医師になり、眼科を専門に研鑽を積む

富永 一恵 院長

以前から建築と絵に興味があり、そちらの方面に進むことを考えたこともありました。ただ、父の反対もあって、そちらの道は無くなってしまったんですけどね(苦笑)。当時は女性がなれる職業というのは限られてましたから、父なりに心配してのことだったんだと思います。
父は自宅で開業医をしていて、また、兄達も医者になっていました。小さい頃からの環境を考えても、私なりに将来を模索した上で、最終的にこの道を目指したのはとても自然なことだったと思っています。

東京女子医大を卒業し、一旦、内科を経験して、その後に横浜市大の眼科に入局しました。女性は出産と子育てがありますから、内科を続けていくのは色々な面で難しいものがあったんです。まして当時は体力的にも負担が大きかったですからね。内科の勤務医をしていた頃の話ですが、夜の12時を過ぎて家に帰ろうとしたところを「夜中に病院にいないでどうするんだ」としょっちゅう先輩に叱られ、自宅に帰れるのは1週間のうち1、2回でした。なので昼時に病院の窓から外を見ては「外に出たいな」って思っていましたね(笑)。
平成7年(1995年)に『第一眼科』は開院してから、20年近くの月日が経とうとしています。地域の皆様に頼りにされる医者を目指し、日々の努力を続けていきたいと思っています。

患者さんに寄り添いながら、地域医療に貢献する

富永 一恵 院長

医院前の花壇は、患者さんがいつも手入れをしてくださいます。他にも、例えば院内で大きなゴミが出れば、「捨ててあげるよ」と持っていってくださったり、本当に有り難いことばかりで・・・。地域の方のご好意に対して、少しでもお返しをさせていただきたいと思っています。
その一貫というわけではありませんが、当院ではご高齢の方や身の不自由な方を無料で送迎させていただいています。この地区は比較的若い方が多く住まわれている地域ですが、ご年配の方も少なくありません。親子3代でお見えになってる方も沢山いらっしゃるんです。
たまに若い方に「自分達も車に乗れるのですか?」と聞かれることもあります。基本的には「ご自分でいらしてください」とお伝えしてるんですけど(笑)、足の不自由なご年配の方がバスを乗り継いで来ていらっしゃるのを見ると、いたたまれなくて。少しでもご負担を軽減させていただきたいと思っています。

目で見てわかりやすい説明を心がけ、患者さんの理解を深める

富永 一恵 院長

「あそこに行けば安心」と思っていただけるような、地域の人に本当に必要とされる医者でありたいと考えています。そのためにも、大学病院のそれに準じて検査機器等の充実を図り、診断能力を上げていきたいと思っています。
機器の性能が向上するのに伴い、眼科の診断の精度は飛躍的に上がりました。当院では検査データや画像を直接ご覧いただきながら、出来る限りわかりやすい説明を心掛けています。
眼科が他科と違うのは「見える」ことでしょう。例えば内科では、目に見えないものを患者さんの訴えから予測して診断をしていきます。それに対して、眼科では先にも述べましたように、検査によって全てが可視化されているんですね。
疾患のある方はもちろん、心理的な要因で何らかの齟齬をきたしている方にも、検査によって身体には問題がないということをお示しすることで、次のステージに向かうことが出来ます。医師の側にとっても、また患者さんにとっても、 検査機器の進歩がもたらしてくれたものは大きいと考えています。

子供たちの目の健康を守るため、見落としのない検査を心がける

私は都筑区内11校の小中学校の校医を務めさせていただいています。その経験から言いますと、この地区の子供たちに顕著に見られるのがまずはアレルギー、それから心因性の視力障害があります。心因性の視力障害は検査をすると、視野の欠け方に独特なものもあるのですが、お子さんの場合、その検査をするのが難しいという問題があります。集中力、それにやる気の問題ですね。本当に見えないのか、それとも他に気が向いてしまっているのか、その見極めが難しいんです。
当院は検査スタッフを16名抱えており、それにより子供たちとしっかり時間を掛けて向き合うことが出来ます。能力があってキャリアも充分なスタッフの協力のもと、些細なことも見逃さない検査体制を敷けているのではないかと思っています。

これから受診される患者さんへ

少しでも「あれ、おかしい」ということがございましたら、なんなりとご相談ください。診断の結果、当院での治療が困難と見られるケースにおいても、速やかに私が信頼する大学病院等へご紹介しています。仮にその疾患が眼科にまつわるものでなくとも、出来る限りのことをさせていただきたいと思っていますし、この地域のかかりつけ医として、少しでも皆様のお役に立っていきたいと考えています。

※上記記事は2012.7に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

富永 一恵 院長 MEMO

眼科専門医

  • 出身地:広島県
  • 趣味・特技:旅行
  • 好きな本・愛読書 :塩野七生、藤本ひとみ
  • 好きな映画:観劇
  • 好きな言葉・座右の銘:失敗はなお無為にまさる。
  • 好きな音楽・アーティスト:クラシック
  • 好きな場所・観光地:遺跡

グラフで見る『富永 一恵 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

第一眼科

都筑区/荏田東/センター南駅

  • ●眼科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
お知らせ WEB
予約