横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

大西 達也 院長/ららぽーと横浜クリニック(鴨居駅・内科)の院長紹介ページ

大西 達也 院長

TATSUYA OHNISHI

世界水準の検査・治療技術をもって
患者さんに「優しい医療」を提供する

東京大学医学部を卒業後、大腸肛門科を専門に研鑽を積む。内視鏡検査や手術のスキルを磨き、「ららぽーと横浜」内に開業。

大西 達也 院長

大西 達也 院長

ららぽーと横浜クリニック

都筑区/池辺町/鴨居駅

  • ●内科
  • ●アレルギー科
  • ●皮膚科
  • ●胃腸内科
  • ●肛門科

大腸肛門科を専門に、知識と技術を高める

大西 達也 院長

まだ高校生で神戸に住んでいた頃、ふと「この人がいなくなったら困る」みたいな存在になりたいと思ったことがきっかけでしょうか。当時、開業医院は近隣にあまり数多くなかったので、貴重であると同時に、もしなくなったらすぐにわかる存在でした。そういうふうに、わかりやすく価値を示せる職業として、医師、とりわけ開業医を志しました。
大腸肛門科に進んだ理由は、検査や治療の出来が患者さんからわかりやすいということです。例えば胃や大腸の内視鏡検査。検査中に痛くなかったかどうかは患者さんが一番よくわかりますよね。ポリープを切除したという表面上の結果は同じように見えても、クオリティの差がでるんです。肛門の日帰り手術に関しても、手術の出来栄えが外から見たらわかります。そこが僕には魅力的だったんです。腕の良し悪しで歴然とした差がでるのですから、頑張りがいがありますよね。勤務医として東京大学医学部付属病院や内視鏡や手術の専門病院で修練し、より上手い内視鏡検査法や日帰り手術を毎日考え続けた結果、独自の検査手術技法を生み出すに至りました。
そして開業を本格的に考えるようになった頃、たまたま「ららぽーと横浜の中にクリニックを開設しませんか?」というお話があったんです。もともと僕が作りたかったのは、他の医療機関を圧倒するくらいの専門的な技術力で患者さんを惹きつけるクリニック。それが全国有数の巨大ショッピングモールで開業できるなんて、夢のようだと思いましたよ。僕はファーストストライクから狙っていくタイプなので、迷わず即決しました。

苦痛のない検査・手術を中心に、「優しい医療」を実践する

大西 達也 院長

最大の特徴は、最高水準の胃大腸内視鏡検査と痔を中心とした日帰り手術です。内視鏡検査の数、技術水準とも世界最高レベルと自負しています。全国から患者さんがやってくるようになった結果、現在では開業医としては国内最多の年間1万3000件の内視鏡検査を行っています。胃と大腸の検査数はほぼ同数で、患者さんの中にお医者さんが多いのも特徴です。
日帰り手術に関しては、痔の根治術や大腸ポリープ切除や皮膚科の手術を中心に年間5000件で、この数も開業医としては群を抜いています。他院では入院が必要だと言われたケースも当院では全例日帰りで手術施行し、痛みに最大限配慮した手術方法で行っています。
また、当院は内科皮膚科アレルギー科も併設されています。患者さんからすると、ららぽーと横浜でのお買い物ついでに寄れるから生活習慣病の定期受診などに便利ですし、僕自身はアトピー患者だったので、同じ思いをされている方の助けになればという思いで臨んでいます。
治療方針は、とにかく「優しい医療」です。現在、優しいお医者さんは増えてきたと言われてはいますが、その中には単に患者さんの言いなりというお医者さんも少なくないように思います。僕は、患者さんが求めているのはそんなものではなくて、「短時間で」「辛くなく」「キチンと」治りたいという事に尽きると思うんですよ。その要望に応えるためには、当院が他の病院よりも高い技術と専門性を発揮することが重要です。当院のドクターは総勢20名いますが、僕は勤務するドクターには内視鏡検査でも診察でも最高水準を要求します。大病院のトップクラスのドクターしか採用しませんし、採用の前には実地試験も行います。最高の技術はもちろん、笑顔で患者さんを思いやる診察も重要と考えています。
患者さんは現在でも増え続けています。とりわけ当院の内視鏡検査は独特の検査技法で楽々終わるので、たいていの患者さんにご家族を受診紹介して頂ける結果、行列のできるクリニックとなっています。

オリジナルの検査技法を駆使して、苦痛のない検査をおこなう

大西 達也 院長

優しく丁寧に診療することですね。肛門の診察でも内視鏡検査でも患者さんの体を触るわけですから、ソフトタッチ&ソフトタッチをいつも肝に銘じています。実は僕自身かなりの痛がりなんです(笑)・・・皆さんも診てもらうなら痛がりの医者がいいですよ(笑)。
具体的に胃の内視鏡検査についてお話しすると、従来の口から行う検査では、オエッとなって苦しかったのが、当院では鼻から検査することで楽々検査が受けられます。この検査のためには医師としては鼻の解剖学を熟知することはもちろん、鼻の中をうまく通していく技術を体得することが重要で、当院の腕の見せ所です。
また、大腸の内視鏡検査に関しては、従来の検査法では、おなかの中を浮遊している大腸に普通に内視鏡を挿入していくと突き上げるような痛みが生じていましたが、当院独特の検査技法「完全無送気軸保持直線的挿入法」は大腸を蛇腹状に折りたたみながら内視鏡を挿入していくので、痛みがないんです。内視鏡にフックがついているわけでもないのにどうして蛇腹状に折りたためるのか、不思議でしょ? まさにマジックのようなこの検査法は大腸の解剖学を基盤とした医療芸術だと思います。医療技術に特許はないのですが、イチローの振り子打法のように芸術的で、当院の「優しい医療」の原動力と言えるかもしれません。僕はこの大腸検査法を専門医向けに解説した著書を多数出版しています。

当院に足を運んでくださる患者さんに、少しでも快適に受診していただくために

待ち時間の短縮です。以前は3時間待ちのこともありましたが、現在では電話(045-929-5082)による予約制を部分的に組み入れることで、かなり改善しています。

これから受診される患者さんへ

当院のレベルの内視鏡検査や手術が日本の保険診療で受けられるというのは希有なことで、患者さんにとってはチャンスなんです。もっともっと多くの人にこの世界水準の内視鏡検査と日帰り手術を体感してもらえるように、当院のホームページ(http://lala-clinic.jp)から簡単に検査予約できるようにしました。統計的には胃がんと大腸がんはがんの中でも大きな割合を占めます。30歳位でも発生し、症状はほぼ出ません。そこで、早期発見のためには定期的に検査を受けることが必要です。実際、当院では年間約100例の胃がん、大腸がんを診断治療しています。
胃と腸の健康は大切です。私も休診日や土日の夜は都内まで遠征して、おいしいものを思いっきり食べてリフレッシュしています(笑) 。

大西 達也 院長 MEMO

  • 出身地:兵庫県
  • 趣味・特技:食べること、野球・アメフト(観戦&プレー)
  • 好きな本・愛読書 :思考は現実化する
  • 好きな映画:永遠の0
  • 好きな言葉・座右の銘:最高に優しい医療は最高の技術からなる
  • 好きな音楽・アーティスト:J-POP
  • 好きな場所・観光地:観光地:東京(特に六本木・麻布・銀座)

CLINIC INFORMATION