横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

増澤 通永 院長/すみれ整形外科クリニック(鴨居駅・整形外科)の院長紹介ページ

増澤 通永 院長

MICHINAGA MASUZAWA

外来診療とリハビリテーションを通して
地域住民の健康的な暮らしをサポート

大学卒業後、大学院に進学。整形外科を専門に研鑽を積み、新潟県や神奈川県内のクリニックを経て、「ららぽーと横浜」内に開業。

増澤 通永 院長

増澤 通永 院長

すみれ整形外科クリニック

都筑区/池辺町/鴨居駅

  • ●整形外科
  • ●リウマチ科
  • ●リハビリテーション科

自らの体験をきっかけに、整形外科医として研鑽を積む

増澤 通永 院長

医者になるというより、整形外科医になりたいなと思っていました。中学、高校とバレーボール部に所属していまして、とにかくケガが多かったんです。ねんざに突き指、しょっちゅうで…(笑)。その時にかかりつけになったドクターがいたんです。40代くらいだったかな。「また来たね」みたいな感じで迎えられて。
しっかり話を聞いて、しっかり診てくれる。感動しましたね。気がついたら、その先生に進路相談みたいなこともしていました。父も外科医でしたが、自宅から離れた病院で勤務医をしていましたから仕事ぶりを見る機会はなくて、それよりこの身近なドクターの影響で、自分もその道へ進もうと思いました。
内科でも循環器で心臓専門とか割と専門分野に特化していたり、同じ心臓でも心臓外科のように一種華やかだったりするのとは違い、整形は首から下はトータルに診る、なんでも診る。その幅の広さみたいなものが自分に合っているなと思いました。整形外科は勉強してもわからないことが多すぎて、長くやっていくにはかえっておもしろいのかなあと。
大学卒業後そのまま大学院に進み、4年後、新潟の南魚沼市で勤務医として働きました。患者さんはみなさん超高齢者です。ですから、変性疾患ですね、加齢によるひざや腰、ひじの痛みで困ってらっしゃいました。農家の方が多く、これこそ職業病だと思いました。
私自身は、日本屈指の米どころだけに、ごはんがおいしくて(笑)。忙しかったですが、楽しい2年間でした。その後、横浜の別の病院で勤め、今年4月に、このクリニックを開業しました。

広々としたリハビリテーション室を備え、カスタムメイドの治療を提供

増澤 通永 院長

患者さんは比較的若い方が多く来られますね。平日の日中は女性が圧倒的です。ショッピングモールの中にあるのである程度は予想していたのですが、新潟勤務時代やその後に勤めた病院ではお年寄りの比率が高かったものですから、最初は戸惑いました。
このクリニックの一番の特長は、80平方メートルを超すリハビリ専用の部屋があることです。常勤の理学療法士を2名置いて、そこで運動療法を施しています。肩凝りなどもそれで改善させています。
ウォーターベッドも2台あって、体全体を揉みほぐすのに使用しています。女性に人気なのがメドマーという機器ですね。脚全体を包み込んで、空気圧で揉んだり伸ばしたりします。むくみや疲労が取れると評判です。

患者さんの訴えに丁寧に耳を傾け、最良の医療につなげる

増澤 通永 院長

専門用語を使わずに、わかりやすく話すよう心がけています。それと、患者さんが何を望んでらっしゃるのかということを、直接はお聞きしなくても、会話や素振りから察するようにしています。リハビリ中心にやっていきたいのか、詳しく検査をして、ちゃんとした病名も知りたいのか。中には、湿布だけほしいという方もいらっしゃいますしね。長い説明はいいからと(笑)。その湿布にしても、一般的に急性の痛みには冷湿布、慢性的な痛みには温湿布と言われてますが、温めるタイプの中にはカプサイシンのように辛子の成分が含まれているものもあります。これなどは肌が弱い人には不向きなので、薬剤を含まず、温める効果だけで痛みを和らげるものを使用したり、患者さんに合う治療や薬の処方に気をつけています。

外来診療に加えて、日帰り手術にも対応

よく見られるのが、ばね指です。腱鞘が腫れて、指を曲げると突然ロックがかかったみたいになり、伸ばすとカクンと解除されるような、腱鞘炎の一種です。それと陥入爪(かんにゅうそう)。巻爪ですね。ともに長い間、痛みで苦しまれている方がたくさんいますが、ここでは日帰り手術をしています。
ほかにはガングリオンという関節のところにできる腫瘤の手術も多く手がけます。中身がゼリー状でちょっと気持ち悪いのですが、良性なので心配はいりません。皮膚科の領域と思ってらっしゃる方もいますが、こちらでちゃんと診させていただきます。
今は割合的に低い高齢者の方にも気楽に来ていただけるよう、床も全部フラットにしてありますが、バリアフリーにはこれからもより一層気を遣っていきたいと考えています。私やスタッフが心配りをすることも忘れずに。

これから受診される患者さんへ

運動療法がウリでもあるので、ららぽーとの買い物ついでにでもふらっとお寄りいただきたいですね。デスクワークが中心のサラリーマンは、パソコンの使い過ぎからくる肩凝りも多いですから、やはり運動療法によるリハビリを、週に一度は受けられると効果がありますよ。
さらに女性患者ばかり増えてしまうんじゃないか、ですって?はい、大歓迎です(笑)。でも、新潟でお年寄りを数多く診てきた経験は得難いものでしたし、これからは、この地域の高齢者のお役に立ちたいですね。高齢の方は、運動療法と言っても怪訝な顔をされたりしますが、筋力は年を取ってからでもつくんです。そういった正しい知識をお教えしながら、健康的な暮らしのお手伝いをするクリニックでありたいと思っています。

※上記記事は2014.8に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

増澤 通永 院長 MEMO

  • 生年月日:1973年7月15日
  • 出身地:神奈川県
  • 血液型:O型
  • 趣味・特技:日曜大工
  • 好きな本・愛読書:インテリア雑誌、建築雑誌
  • 好きな映画:SF映画
  • 好きな言葉・座右の銘:忍耐
  • 好きなアーティスト:洋楽全般
  • 好きな場所・観光地:ハワイ

グラフで見る『増澤 通永 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION