横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

野村 栄貴 院長

EIKI NOMURA

50万人以上の治療実績、膝疾患治療と骨粗しょう症治療に力を入れる、整形外科のスペシャリスト

慶應義塾大学卒業後、整形外科医局に入局。けいゆう病院、川崎市立川崎病院、さいたま市立病院など関連病院で診療を経験。国際親善総合病院のセンター長職を経て、2012年、横浜整形外科クリニックを開院(相鉄線「平沼橋駅」より徒歩5分)。

野村 栄貴 院長

野村 栄貴 院長

横浜整形外科クリニック

西区/岡野/平沼橋駅

  • ●整形外科
  • ●リハビリテーション科

人の病気を治してあげたいという思いが原動力

野村 栄貴 院長

この道を選んだのは、人に誇れる職業だと感じたからです。そして何よりも、人の病気を治してあげたいという気持ちがあったことが大きいですね。慶應義塾大学卒業後は整形外科医局に入局させて頂き、助手に始まり、けいゆう病院、川崎市立川崎病院、さいたま市立病院とさまざまな関連病院で診療を経験。国際親善総合病院では医長職・部長職やセンター長を務めました。
その間に膝関節、骨折、ねんざ、手肘関節、脊椎、肩関節、股関節、足の外科、腫瘍など1万例以上の治療・手術に携わってきました。いくつもの新しい病態や治療法を発見・開発し、自分で手術した患者様を20年以上フォローアップしてきたのですが、整形外科の病気は「早期の正確な診断と適切な治療」「再発しないための経過観察と継続的治療」が極めて大切であることが分かりました。手術後も長期の継続的観察が重要であると痛感し、2012年、横浜整形外科クリニックを開院いたしました(相鉄線「平沼橋駅」より徒歩5分)。専門に整形外科を選んだのは自分でも多くの骨折経験があり、患者さんの気持ちが痛いほど分かったからです。体の不具合を正常に戻し、一人でも多くの方を楽にしてあげたいという気持ちは、診療の原動力になっています。

アクセスの良い場所で、幅広いお悩みに対応する

野村 栄貴 院長

クリニックは平沼橋、横浜駅からも徒歩圏でアクセスが良い場所にあります。ショッピングセンター内にある医療モールなので、他の診療科の先生にもご協力いただけ、環境はとても恵まれていると感じています。
整形外科専門医として肩や膝、腰の痛みから、関節リウマチを始めとする各部関節疾患、足の外科疾患、スポーツ障害・外傷まで体の痛みを幅広く診療しています。一度に25名の患者さんを治療できる60畳のリハビリルームでは頸椎・腰椎牽引などの牽引療法を、ほかにも骨密度測定や、インナーソールなどの治療装具の作成もおこなっています。特に専門性が高いのは膝関節への治療です。膝関節の手術も手掛けていて、週に一度、埼玉県さいたま市にある三愛病院で執刀をおこなっています。
ショッピングモール内にあるということもあり、患者さんは働き盛りの方からご高齢の方まで、さまざまな方に受診いただいています。手術に関してはわざわざ横浜の近隣から埼玉県まで行って頂く方がほとんどを占めています。現在、日々の患者さんは350人ほど、手術の数は年間200件にのぼります。一人の患者さんに長く寄り添って治療できるので、開業医になって良かったと感じています。現在でも手術の第一線や整形外科の最先端医療に触れていまが、引き続き新しい薬や治療法も積極的に取り入れ、可能な限り良い医療を提供していきたいと考えています。

膝疾患の診断から治療・手術まで高度の専門性

野村 栄貴 院長

毎週1500人ほどの患者さんを拝見していると、初診の患者さんでも歩き方や診察室へ入ってくる様子で、おかしい箇所の見当がつくことも増えてきました。当院の近くにはMRIなど検査専門の医療機関がありますので、連携を取り早めに検査をおこなっています。
整形外科の中でも私が特に専門としてきたのが、膝の手術です。今でも手術を手掛けていることは先ほどお話ししたとおりですが、これまで手術法の研究や提案も数多くおこなってきました。膝蓋骨(膝の全面にある骨)脱臼の治療として独自に考案・研究してきたMPFL再建術という手術は、今では世界の整形外科の標準治療法として、多くの先生方に治療の第一選択の手術としてご採用いただいています。膝の治療に関しては専門性が特に高く、手術も含めた幅広い治療の選択肢をご用意しているのが当院の強みです。膝の痛みやちょっとした違和感を感じた際にはできるだけ早くご相談ください。

力を入れたい膝疾患と骨粗しょう症の治療

今まで数多くの手術、治療・診断を経験してきて思うのですが、本当に病気は多種多様です。そして同時に感じるのは、早期発見・早期治療の重要性です。特に気をつけていただきたいのが膝疾患と骨粗しょう症です。
膝は悪くなってからでは治療に時間がかかります。症状が軽い内から積極的に治療をすることが必要です。必要があれば手術をおすすめすることもあります。例えば膝の軟骨は壁紙のようにはがれやすく、一度改善しても再発することもあります。ですから状態を見て、すこしでもはがれた時点で手術による改善をおすすめしています。
また、加齢に伴う骨粗しょう症で悩む方は増えています。知らず知らずに進行し、ちょっとしたことで骨折してしまうこともあります。60歳代から骨粗しょう症の早期治療あるいは予防を始めることで、80歳を過ぎても健康な骨を維持することも不可能ではありません。当クリニックでは病気の予防を心がけています。定期的に骨密度測定をしていただき、早期発見・予防をしていただきたいと思います。患者さんへの啓蒙もおこないつつ、今後も予防の推進を心がけたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

外傷や打撲などは別ですが、整形外科のほとんどの病気は軽い症状から始まります。症状が軽くても重大な病気の始まりであることもあります。以前「一週間ほど前から首を寝違えて痛いんですが」といらした方が、首の椎間板ヘルニアだったこともあります。そして、軽いうちに治していかなければ、治療に長期間を要するだけでなく、難治性の状態や慢性化する可能性もあります。
当院ではこれまで、開院以来延べ50万人以上の患者様の治療をおこなってきました。手術が必要な例は極めて少なく、リハビリやお薬も活用する徹底した保存治療で、98%は治癒または軽快・改善します。
整形外科はスポーツでの怪我やご高齢の方が通うという印象をお持ちかもしれませんが、首のヘルニアなどは若くても発症することがあります。軽い症状でも数日間痛みが続くようであれば、一度検査を受けて、様子を見た方がいいのか、治療をした方がいいのか、専門の医師に相談してください。当院も皆様がお身体の状態を知り、健康な人生を送るお手伝いをさせていたければと思います。

※上記記事は2019年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

野村 栄貴 院長 MEMO

整形外科専門医

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:ドライブ、ゴルフ
  • 好きな映画:スピルバーグ作製の映画
  • 好きな音楽・アーティスト:福山雅治
  • 好きな場所・観光地:東京、ハワイ

グラフで見る『野村 栄貴 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION