横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

内藤 英二 院長/内藤外科胃腸科医院(日吉駅・外科)の院長紹介ページ

内藤 英二 院長

EIJI NAITO

「急性期医療」「介護福祉」「予防医学」の3つの柱で、地域住民の健康を支えていく

東海大学医学部卒業。日本医科大学付属第二病院(現武蔵小杉病院)外科学教室医員助手を経て、同病院消化器病センター(現:消化器外科)に在籍。病棟医長を務める。2011年より『内藤外科胃腸科医院』院長に就任(日吉駅から徒歩5分)。横浜市港北区医師会・前会長、社団法人横浜市医師会・常任理事。

内藤 英二 院長

内藤 英二 院長

内藤外科胃腸科医院

港北区/日吉/日吉駅

  • ●外科
  • ●胃腸内科
  • ●消化器内科
  • ●胃腸外科
  • ●消化器外科
  • ●皮膚科

大学病院と地域医療に長年携わってきた経験を生かして

内藤 英二 院長

私が医師になるきっかけは、父がここで長年に渡り開業医をしていたということも意識としてはあったでしょう。しかし、本人がその気にならなければ何も始まりません。私は医学部に進む学生が多い高校に通っていたものですから、彼らと一緒に勉強に励んでいくうちに、彼らと同じ夢を私も追おうと考えるようになったのです。
大学卒業後は、日本医科大学付属第二病院の消化器病センター(現:消化器外科)に在籍し、2011年に父より院長の職を引き継ぐ形となりました。医師になった当初から、地域に根付いた医療を提供したいと考えていたものですから、その段階で大学から身を引くという形になったのです。ただ、大学とのつながりはそれからも続いていて、今年(2019年)の春までは大学病院の外来で週に1回、診察をおこなってきましたし、今も日本医科大学の学生さんが地域医療を学ぶために実習にきています。彼らと過ごすのは、新しい知見を得るという意味で、私にとっても非常に有意義なものになっています。私から彼らに教えられることは、人生勉強くらいのものですけどね(笑)。

地域のかかりつけ医として、あらゆるものを診ていく

内藤 英二 院長

胃腸科ですから、お腹関係のことが中心になりますけれど、基本的な姿勢として、どのようなお悩みであっても拝見させていただいています。専門性は確かに必要です。しかし、専門性を優先するあまり、他が診られないというのは困りものでしょう。地域医療に携わるものとしては、平均的に一定以上のものはすべて診られるようにしておくべきなのです。まして患者さんは、どの科を受けたらいいかといったことを判断できないですから、まずいらしていただき、何科を受けたらいいかを指し示す役割が私たちにはあると考えています。

夜間の急な体調不良にも対応

内藤 英二 院長

当院は24時間の救急指定医療体制を敷いています。横浜市には夜間急病センターが3箇所、休日急患診療所が各区に1箇所開設されています。そうした施設にお近くの方はそれでご不安はないと思うのですが、少し離れていますと、怪我をされたり、腹痛等をもよおした場合、不安でたまらないと思うのです。その受け皿として、当院がお役に立てればと考えています。
昨今、救急車のコールが頻繁に起こるという問題が取り沙汰されています。ご存知のように、その約半数が軽症であるというのが現実です。これは、我々が子供の頃から、何かあったら119番というのが意識として染み付いていることも一因でしょう。横浜市では救急電話相談として、「#7119」という窓口があります。救急車を呼ぶべきなのかどうか。その判断をここではしてもらえますから、具合が悪くなった時にまず相談できるところとして、広く理解していただけたらと思います。
夜間の急な発熱、腹痛、怪我などでお困りの際は、救急電話相談と並び、困った時の助け舟として、当院をご活用いただけたらと思います。

苦痛を伴わない内視鏡検査

こちらでは、鎮静剤を用いた上下の内視鏡検査をおこなっています。私自身が受ける際は、その後の仕事がありますので、鎮静剤を使わずに検査をお願いしているのですが、毎回、苦しみながらやってもらっています(苦笑)。その時のことを思えば、内視鏡検査はできる限り苦痛が伴わないのが良いと思うのです。過去に受けた検査でトラウマを抱えた方もいらっしゃいますし、そうした方々が定期的に受けてもよいと思われるような検査を実施していきたいと考えています。
また、隣接している「総合健診クリニックMEDOC」では、婦人科を含めた人間ドックや企業健診を受け付けています。市で実施している特定健診の受診率は20パーセントを切っているのが現状です。深刻な病気も早期に見つかれば、現在の医療ではその後、問題なくお過ごしいただくことも十分に可能です。健診自体、無料で実施されているものも少なくありませんから、そうした機会をぜひ有効に活用していただけたらと思います。

これから受診される患者さんへ

『内藤外科胃腸科医院』では、「急性期医療」「予防医学」「介護福祉」を3つの柱として位置付けています。24時間体制で臨む急性期医療。そしてご紹介した健診クリニックを軸とした予防医学。さらに都筑区には当院が関連する荏田介護老人保健施設「あすなろ」があり、在宅に復帰できるような体づくりをサポートさせていただいています。この3つの柱が良い循環を生み出し、地域社会に少しでも貢献することができれば幸いに思います。お身体のことで何か不安や心配がありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。皆さんのお気持ちに寄り添い、いつまでも健康で楽しく人生を送っていただけるよう、誠心誠意サポートをさせていただきます。

※上記記事は2019年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

内藤 英二 院長 MEMO

消化器内視鏡専門医

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:水泳、テニス
  • よく手にとる本:医学関係資料
  • 好きな映画:「ミッション:インポッシブル」「007」「ハリー・ポッター」
  • 座右の銘:「一期一会」
  • 好きな音楽:「演歌からポップスまで幅広く」
  • 好きな場所:温泉

グラフで見る『内藤 英二 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION