横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

足立 清太郎 院長/保土ヶ谷あだちクリニック(保土ケ谷駅・内科)の院長紹介ページ

足立 清太郎 院長

SEITAROU ADACHI

負担や苦痛のない内視鏡検査を中心に
「また来よう」と思っていただけるような診療を

聖マリアンナ医科大学を卒業後、消化器内科を専門に研鑽を積む。大学病院や関連病院で経験を重ね、「保土ヶ谷駅」そばに開業。

足立 清太郎 院長

足立 清太郎 院長

保土ヶ谷あだちクリニック

保土ケ谷区/帷子町/保土ケ谷駅

  • ●内科
  • ●胃腸内科
  • ●内視鏡内科

消化器内科を専門に、大学病院を中心に診療にあたる

足立 清太郎 院長

両親がともに医師をしておりましたので、私が同じ道を選んだことも自然なことだったように思います。聖マリアンナ医科大学に進学し、卒業後は消化器内科を専門にキャリアを重ねていきました。
自分の専門に消化器内科を選んだのは、内視鏡を操るドクターの技術に憧れて、というのが正直なところです(笑)。私自身、内視鏡のスペシャリストと言われるようにスキルを磨き、数多くの検査や手術を担当してきました。

愛着ある地元に開業し、地域医療に貢献する

足立 清太郎 院長

勤務医として経験を重ねる中、自分なりのスタイルで診療していきたいという気持ちが大きくなり、『保土ヶ谷あだちクリニック』を開設しました。ここは私が生まれ育った地元ですし、これまでに培った知識と経験をいかして、地域医療に貢献することができたらと思います。
来院される患者さんは、若い世代からご高齢の方までさまざまで、風邪などの体調不良をご相談いただくことが多いでしょうか。外来診療のほかに内視鏡をはじめとした各種検査、健康診断や予防接種などを通して、地域のみなさまの健康をサポートしていきたいと考えています。

患者さんの負担に配慮し、苦痛のない内視鏡検査をおこなう

足立 清太郎 院長

勤務医時代には、内視鏡を使った検査や手術を数多く担当してきましたけれど、開業医となった今の私の役割は、病気の早期発見に努めることです。小さな異変を見逃すことなく、お1人お1人を適切な医療につなげていく。そのためにも、最先端の医療機器を導入して、見落としのない検査を徹底しています。
胃カメラについては経鼻・経口のどちらにも対応しておりますし、何よりも苦痛のない検査をご提供したいと考えています。胃カメラ・大腸カメラともに、土曜日の検査が可能ですから、忙しい働き世代の方々にこそ、積極的に受診していただきたいと思います。

患者さんに「また来よう」と思っていただけるような診療を

開業以来、日々心がけているのは、来院される患者さんに「また来よう」と思っていただけるような診療をすることです。丁寧にヒアリングをおこない、必要があれば検査をしてみて、正確な診断のもとにお1人お1人に最適な医療をご提供したいと思います。
今は、メディアなどでも「予防」という言葉がクローズアップされていますけれど、怖い病気を予防するには、まず検査をして、今の状態を把握することから始めなくてはなりません。何か症状があるときはもちろん、とくに症状がないという場合も、一度ご相談いただくのが良いかもしれません。

これから受診される患者さんへ

『保土ヶ谷あだちクリニック』は、「保土ヶ谷駅」から徒歩1分のビル2階で診療しています。
当院では、私の専門である消化器疾患を中心に、内科全般を幅広く診療しています。病気の早期発見に努め、地域のみなさまの健康維持・増進をお手伝いさせていただきますので、何かお困りのときには気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2019年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

足立 清太郎 院長 MEMO

  • 出身地:横浜
  • 趣味&特技:スポーツ観戦
  • 好きな本・愛読書:松下幸之助『素直な心になるために』
  • 好きな言葉 座右の銘:温故知新
  • 好きな場所・観光地::沖縄

グラフで見る『足立 清太郎 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION