横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

横浜尾上町クリニック

中区/尾上町/関内駅

  • 精神科
  • 心療内科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩ルート
医師の声 患者の声 お知らせ WEB予約 オンライン
診療
電話 045-633-3377
所在地 神奈川県横浜市中区尾上町2-18-1 YSビル9階
最寄駅 関内駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB
休診日 水曜・木曜・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 [月曜・火曜・金曜]09:00~13:00 14:00~19:30
[土曜]09:00~13:00
特徴
  • ●男性医師
  • ●持続性注射剤(LAI)
山田 和夫 院長

KAZUO YAMADA

山田 和夫 院長

精神科専門医

「選ばない・断らない・待たせない」をモットーに 各分野のスペシャリストが力を尽くす

医院情報は横浜ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。診療科目や診療時間などにつきましては変更されている場合もございます。ご来院の際は念のため、各医院様へご確認ください。
また、掲載情報の内容に誤りがある場合、もしくは情報の修正・新規登録をおこなう場合は『お問い合わせフォーム・その他のお問合わせ』よりお願いいたします。

山田 和夫 院長への独自インタビュー

人の「心」に興味を持ち、精神科医を志すように

私が高校2年生の頃だったでしょうか。夏目漱石の「こころ」を読んだことで、人の心に興味をもつようになったんです。夏目漱石は大きな「うつ病」を3回も経験し、その都度、小説を書いたり、短歌を詠むことによって心と体の健康を取り戻していたんですね。今考えれば、そうした作業はすべて「スピリチュアル・ケア」と言えるのかもしれません。私自身、はじめは心理療法に携わりたいという想いから、東京大学医学部に進学しました。
臨床心理士をめざして医学部の保健学科で学ぶ中、精神科の実習で「薬がこんなに効くなんて!」と驚きと衝撃を受けることがありました。カウンセリングをはじめとした心理療法と薬物療法を組み合わせることで、きっとたくさんの患者さんのお役に立てるはずだ、と。そう考えていたものの、大学3年生のあるとき、臨床心理士は「薬の処方ができない」という事実を知りました。そのため、当初の目標をドクターに変更し、あらためて横浜市立大学の医学部医学科に学んで精神科の医師になったのです。

来院されるすべての患者さんを、選ばない・断らない・待たせない

大学を卒業したのが1981年でしたから、精神科医としてのキャリアは38年近くになるでしょうか。横浜市内のクリニックで診療するほか、東洋英和女学院大学の人間科学部教授という仕事を持ち、大学・大学院では今も学生たちの指導にあたっています。こんな風に、自分らしいスタイルで診療を続けてきた私が、思いがけず『横浜尾上町クリニック』の院長をすることになったのは、臨床心理士である妻からのオファーがきっかけでした。横浜市内でスクールカウンセラーを務めていた妻に誘われるままに、2013年の開業を迎えることになりました。
実は、クリニックのロゴマークも妻のアイディアで、はじめて見せてもらったときは患者さんに向けた「のんびり行こうよ」というメッセージだと思ったんですよね。一見すると「かたつむり」のようでいて、それぞれのパーツがY=横浜/O=尾上町/C=クリニックになっている。これは良いな、と思いましたね(笑)。患者さんの中には、かたつむりのように寄り添う必要がある方もいれば、薬物療法によってめざましい回復を見せてくださる方もいらっしゃいます。いずれのケースにおいても、患者さんを「選ばない・断らない・待たせない」ことをモットーに、日々の診療にあたっています。

続きを読む→

中区尾上町2-18-1 YSビル9階

関内駅/徒歩約2分

グラフで見る『山田 和夫 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より