横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

伊東医院(戸塚駅・産婦人科)の病院情報ページ

伊東医院

戸塚区/矢部町/戸塚駅

  • 産婦人科
  • 内科
  • 小児科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 045-881-0037
所在地 神奈川県横浜市戸塚区矢部町14
最寄駅 戸塚駅
駐車場 あり
WEB
休診日 木曜・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 [月曜・火曜・水曜・金曜]08:30~11:45 14:15~17:15
[土曜]08:30~11:45
特徴
  • ●駐車場あり
  • ●男性医師
伊東 均 院長

HITOSHI ITO

伊東 均 院長

代々地元で親しまれてきた「かかりつけ医」 安心の診療で女性やお子様の健康をサポート

医院情報は横浜ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。診療科目や診療時間などにつきましては変更されている場合もございます。ご来院の際は念のため、各医院様へご確認ください。
また、掲載情報の内容に誤りがある場合、もしくは情報の修正・新規登録をおこなう場合は『お問い合わせフォーム・その他のお問合わせ』よりお願いいたします。

伊東 均 院長への独自インタビュー

漢方薬の処方から始まり、戸塚で代々親しまれる医院へ

伊東医院は江戸時代末期、1853年(嘉永6年)に創業しました。当時は、戸塚区吉田大橋で漢方薬の処方を中心に、女性の血の巡りを良くする医院として名が通っていました。1884年(明治17年)、3代目院長である祖父の代に現在の矢部町に移り、関東大震災後の1925年(大正14年)に現在の建物になりました。時代と共に、診療する上で使いやすく患者さんに快適に過ごして頂けるようリフォームをしてきましたが、外観は当時の趣きのまま、大切に整備し続け、2003年度「横浜市認定歴史的建造物」に認定されました。初代院長は、「常に患者の目線に立って良質の医療をおこなう」という理念のもと患者さんに誠心誠意で向き合い、その姿勢は代々の院長に受け継がれてきました。主に、産婦人科、婦人科内科を中心とした診療は、地域における医療保健に多大な貢献をしたと評価され、2007年、横浜市長表彰を頂きました。産婦人科専門医

5代目院長に就任、女性やお子様に特化した診療を

私は4代目院長である父が診療をする姿を見て育ちました。埼玉医科大学卒業後、東京医科大学産婦人科に入局しました。外科医に憧れた時期もありましたが、家業を見てきたことや、子供が好きだったこともあり、産婦人科医として子供の診療にも対応している伊東医院を継ぐことを決意。横浜医療センター産婦人科など、関連病院で数多くの診療に触れ、東京医科大学八王子医療センターでは新生児科及び小児科について学び、診療に活かしてきました。2019年、5代目院長に就任し、現在は顧問である父と共に外来診療をおこなっています。
当院では、産婦人科、小児科、内科の診療に対応しています。以前はお産や入院を伴う手術もおこなっておりましたが、1995年以降は、横浜医療センターをはじめ、近隣の関連病院とのセミオープンシステムによる妊婦健診や、特に里帰り分娩に産科部門は力を入れております。当院の患者さんは、ほとんどが地元の方で、その中でもご家族で代々ご利用されている方が多く、長くお付き合いのある患者さんがたくさんいらっしゃいますね。女性を中心に、お子様は0歳児からお越し頂いています。開院当初から産婦人科を標榜していますので、妊娠・出産だけでなく、女性一般から腫瘍まで幅広い症状にも対応しております。小児科部門は、産後のお子さまの健診や予防接種、発熱や風邪、保育園で蔓延しやすい感染症などの治療をおこなっています。小児感染症はやはり小児科医の横の繋がりを大切にして流行りの感染症や治療に関してドクター同士で話し合うこともよくあります。小児科の発症は集団性がありますからね。アレルギーなど怪しければ専門医に紹介するようにしております。内科では、産婦人科で診てきた患者さんも含め、育児のお悩み相談、年齢を重ねた女性を悩ます更年期障害や健康管理、生活指導など具体的におこなっております。

続きを読む→

戸塚区矢部町14

戸塚駅/徒歩約4分

グラフで見る『伊東 均 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より