横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

平出 敦夫 院長/芹が谷整形外科クリニック(上大岡駅・整形外科)の院長紹介ページ

平出 敦夫 院長

ATSUO HIRAIDE

「早く、優しく、精確な医療」がモットー。地域に密着した質の高い治療を提供

国立徳島大学医学部卒業。横浜市立大学医学部大学院修了。医学博士。同大学整形外科医局に在籍後、総合新川橋病院、横浜新緑総合病院(整形外科副部長)、横浜柏堤会よこすか浦賀病院(整形外科部長)勤務を経て、2019年4月に『芹が谷整形外科クリニック』を開設(神奈川中央交通バス「芹が谷団地前」停留所から徒歩1分)。

平出 敦夫 院長

平出 敦夫 院長

芹が谷整形外科クリニック

港南区/芹が谷/上大岡駅

  • ●整形外科
  • ●リハビリテーション科
  • ●リウマチ科

地元で診療を始められたことを喜びに感じて

平出 敦夫 院長

子供の頃は、身体が弱かったのです。何度か入院したこともありましたし、だからか、他の人に比べれば医療を身近に感じていたような気がします。病院に行くと、苦しいのが楽になる。「お医者さんってすごいな」というのが、私の原体験でした。それから時が経ち、自然科学の分野に惹かれるようになっていきました。人体の不思議さ。それが幼い頃に抱いた想いと重なり、医師を目指すようになっていったのです。
大学卒業後は地元の横浜市立大学の整形外科に入局しました。整形外科では、ケガや病気で入院することがあっても、ほとんどの場合、患者さんは良くなって帰っていきます。ほぼ100%の患者さんが良くなるって、他の科ではあまりないことです。それが素晴らしいことに感じられ、整形外科の門を叩きました。

大学病院等で20年近く臨床経験を積んだ後、2019年4月に『芹が谷整形外科クリニック』を開院いたしました。この地域は住宅地で人口が多く、ご高齢の方も多いにもかかわらず、整形外科を標榜する医療機関は多くありません。開業地を求めた際、ここでならきっと多くの患者さんに喜ばれると考えました。また当地域は、私にとって地元といえる場所です。医療は医師と患者さんとのコミュニケーションによって成り立ちます。土地勘があれば話も通じやすいですし、その点でもこの地は私にとって理想だと思いました。

「早く、優しく、精確な医療」をモットーとして

平出 敦夫 院長

「早く、優しく、精確な医療」をモットーとして診療に臨んでいます。病院も含め、医療機関では待ち時間が長い、という問題があります。楽しいことであればさておき、辛い状態で来て、それで待ち時間が長くなってしまうのは患者さんに申し訳ないと思います。当クリニックではできる限りスピーディーに診断をつけ、最短で苦痛を取り除ける治療にたどり着けるように心がけています。また、臨床医学の世界では診断がすべてです。正確な診断が前提としてあり、その上で患者さんにあった治療を考えていくことになります。当クリニックでは「オーダーメイド治療」と呼んでいますが、患者さんのライフスタイルや生活習慣を加味し、もっともその方に合った治療を選択しています。「精確な治療」とは、そうした要素をすべて含んだものを指します。
また、患者さんは辛い思いを抱えて来院されるわけです。ですから、優しく接することはなによりも重要だと考えています。これは私だけではなく、すべてのスタッフが心がけていることです。昨今、医療も「サービス」となってきています。例えるなら一流ホテルや一流レストランのホスピタリティと比肩するものを目指し、患者さんに満足して帰っていただけるようにと思っています。

骨折予防に注力

平出 敦夫 院長

老若男女、幅広い層の患者さんが来院されています。お子さんであれば、部活動などで怪我をしてしまったケースが多いですね。それから当クリニックでは更年期医療にも力を入れていますので、それに当てはまる層の方々も少なくありません。外来手術設備を整えたことで、今後は「バネ指」などの小手術を希望される方も増えていくと予想しています。そして患者さんの大半を占めるのは、腰痛などの変性疾患であったり、骨粗しょう症などで来院されるご高齢の患者さんです。
これからは、骨折予防が大事な時代になってきます。骨粗しょう症の診断・治療はそれゆえに大事なもので、当クリニックでも力を入れています。これに関連するものとして、リハビリテーションも重要です。この春からリハビリテーション室を拡充し、理学療法士を含めたスタッフもさらに充実させています。
病院勤務時代に頭を悩ませていたのが、リハビリテーションに関することでした。現場の医師は手術と病棟業務に忙殺され、リハビリテーションにまで手厚く気配りする時間が足りないのです。外部のクリニックに託そうとしても、設備やマンパワー等の問題で受け皿がなかなか見当たらないというジレンマがありました。当クリニックを開設したのも、まさにその受け皿となっていきたいという思いがひとつにあったからに他なりません。充実したリハビリテーションを受けられず、「宙に浮いてしまっている」ような患者さんの支えになりたいと考えています。

女性のお悩みを多角的な視点から改善していく

整形外科は、実は「女性の科」なのです。一般的にみなさんが想像される以上に、女性の患者さんが多い科なんですね。閉経後骨粗しょう症もそうですし、そのほか、腱鞘炎や肩こり、そして更年期の痛みを抱えて来院されるケースが非常に目立ちます。更年期のお悩みに関して、当クリニックでは婦人科的なアプローチも取り入れています。従来の整形外科的治療と並行し、プラセンタなどを用いた治療や、ホルモンのバランスや自律神経を整える治療もおこなっています。整形外科と婦人科。どちらかの治療だけでは問題が解決しないことも多いのです。両方の長所をミックスしてアプローチしていくことにより、より多くの患者さんのお悩みに対処できると考えています。

これから受診される患者さんへ

交通事故による症状は、事故直後から時間が経ってから悪化するケースがあります。それゆえに正確な診断と治療に結びつかず、障害を抱えたまま辛い日々を過ごされている方が多いのが現実です。当クリニックでは交通事故の治療にも力を入れ、困っている患者さんの力になれればと思っています。また、医療以外の面でも、例えば保険会社との交渉などについてもていねいにアドバイスさせていただいています。

『芹が谷整形外科クリニック』は整形外科を標榜するクリニックですが、その分野とは直接的に関係のない悩みで来院される方も少なくありません。私としてはぜひ気兼ねなくそうした相談もしていただきたいと思っています。当然、私にできることは力を尽くさせていただきますし、そうでないことに関しては、これまで培ってきたコネクションを最大限に利用し、信頼の置ける医療機関へご紹介させていただきます。地元横浜で開業させていただいたメリットをぜひ患者さんに最大限還元したいと考えています。「どこに行けばいいのか?」迷ったらどうぞご相談ください。これが地域の「ホームドクター」としての、当クリニックの責任と役割だと思っています。

※上記記事は2021年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

平出 敦夫 院長 MEMO

整形外科専門医

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:クルマ、野球観戦
  • 好きな本・作家:ノンフィクション/中島らも
  • 好きな映画:『スター・ウォーズ』
  • 座右の銘:「一期一会」
  • 好きな音楽:「クラシックからジャズ、ポップスまで様々なものを」
  • 好きな場所:海が見えるところ

グラフで見る『平出 敦夫 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION