横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニック

南区/六ツ川/弘明寺駅

  • 呼吸器内科
  • 内科
  • 小児科
  • リウマチ科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 045-306-8026
所在地 神奈川県横浜市南区六ツ川1-81 FHCビル2階
最寄駅 弘明寺駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB
休診日 年中無休
診療時間 9:00~11:30 15:30~18:00
[土曜・日曜・祝日]9:00~11:30 14:00~16:30
特徴
  • ●男性医師
  • ●女性医師
  • ●WEB予約
  • ●土曜・日曜・祝日診療可
三島 渉 理事長

WATARU MISHIMA

三島 渉 理事長

咳を正しく診断し、早期治療へ導く呼吸器内科のプロフェッショナル

医院情報は横浜ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。診療科目や診療時間などにつきましては変更されている場合もございます。ご来院の際は念のため、各医院様へご確認ください。
また、掲載情報の内容に誤りがある場合、もしくは情報の修正・新規登録をおこなう場合は『お問い合わせフォーム・その他のお問合わせ』よりお願いいたします。

三島 渉 理事長への独自インタビュー

辛い思いをされている方の力になりたいと思い呼吸器内科の専門医に

私は口蓋裂という病気を持って生まれたので、幼稚園まで入退院を繰り返していました。唇が裂けてしまい思うように食事がとれない中、医師や看護師に温かく励ましてもらえたことが大きな心の支えになり、病気でお悩みの患者さんの役に立ちたいという思いから医師の道を目指しました。横浜市立大学卒業後、同大学附属病院では研修医として、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病内科など内科の専門分野について学びました。その中でも、専門医が足りていない呼吸器内科に強く惹かれ、多くの方の力になりたいと思い専門性を深めました。三浦市立病院内科では様々な疾患の診療を経験をする中で、現場だけでは解決できない問題があると痛感し、大学院病態免疫制御内科で4年間研究に携わりながら呼吸器内科専門医として外来診療の経験を積み、その後、横浜保土ヶ谷中央病院(旧 横浜船員保険病院)内科・呼吸器内科を経て、2007年、上六ツ川内科クリニックを開院。それまで勤務医として大きな病院で診療をおこなっていましたので、開業医からの紹介でお越しになる患者さんの中には、ぜんそくやCOPDなど慢性の呼吸器疾患を抱えている方で、かなり症状が悪化してから専門医の診療に至るというケースを多くみてきました。症状を見過ごしていると、お薬の服用の量が増え、咳が改善せずに、ちょっとした風邪でも息が苦しくなってしまい入院しないと命に関わる状態になってしまうこともあります。患者さん自身のためだけでなく、周りのご家族への負担を和らげるためにも、早い段階から専門医による適切な治療をおこなうことの大切さを感じ開業を決意。2019年8月、弘明寺駅近くに移転し、横浜弘明寺呼吸器内科・内科クリニックと改めました。大変有難いことに、全国から治療を求めてお越しになる患者さんが増え、クリニックが手狭になりましたので、患者さんの利便性を考え、リニューアルオープン致しました。

喘息の症状を悪化させないためにも、適切な診断を

当院では、経験豊富な専門医による二診体制で、喘息や咳といった呼吸器内科の症状、内科・健康診断、糖尿病、リウマチに対応しています。喘息の治療で通院している方が全体の8~9割を占め、幅広い年齢層の患者さんにご利用頂いています。一般的には、内科と小児科は診療科目が分けられ、呼吸器内科の専門医であっても高校生以上を診療対象とし、小児喘息は小児科で診るべきだというスタンスのクリニックがほとんどですが、当院では0歳からご年配の方まで年齢に関わらず診療をしているのが特徴の一つと言えます。小児科は子どもの総合内科として診療を進めることが多く、専門的な知識や経験の不足から、症状の軽いうちは長引く風邪や気管支炎と診断されることがあります。また、最近では咳だけがでる咳喘息も増えているので、症状だけでは気管支炎なのか喘息なのか見分けるのは困難です。咳は誰にでも経験のあるポピュラーな症状である故に、原因となる病気は幅広く、医師による見解の違いが患者さんの混乱を招くことも。呼吸器の検査を導入しているクリニックはまだ少なく、最近増加している咳喘息の診断に有効的な呼気一酸化窒素濃度検査は、咳の外来を専門におこなうクリニックでしか検査をおこなえないという現状があります。いくら最新の検査に対応していても、診療経験がないと正しい診断が難しく、例え大学病院で検査ができても適切に診断ができないのであれば意味がありません。何となく症状が治まるものの何度も繰り返し悪化させることのないよう、いかに軽症な状態で正しく診断をして、適切な治療方針をたてるかが改善の鍵になります。当院では、大学病院並みの検査機器を完備していますので、原因不明の咳の診断はお任せ下さい。

続きを読む→

南区六ツ川1-81 FHCビル2階

弘明寺駅

グラフで見る『三島 渉 理事長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より