横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

横浜たまプラーザ運動器スポーツクリニック(たまプラーザ駅・整形外科)の病院情報ページ

横浜たまプラーザ運動器スポーツクリニック

青葉区/美しが丘/たまプラーザ駅

  • 整形外科
  • リハビリテーション科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 045-905-5535
所在地 神奈川県横浜市青葉区美しが丘2丁目14−9
最寄駅 たまプラーザ駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB https://yokohama-tsc.com
休診日 金曜・祝日
診療時間 [月、水、土]11:00~14:00、16:00~20:00 [火、木]14:00~20:00[日]14:00~19:00
特徴
河﨑 賢三 院長

KENZO KAWASAKI

河﨑 賢三 院長

スポーツ整形を中心に培ったスキルをいかして みなさまの健康維持・増進をサポートしていく

「自分の家族だったらどうするか?」ということを常に考えて診療を行なってまいりました。当院ではこのような思いを持ってスタッフ一同、スポーツ障害の患者さんとともに一般整形外科の患者さんへの診療、そしてスポーツを用いての健康増進が行えるように診療内容および設備を準備して、患者さん、選手の皆様により安全・安心な医療を提供できるように努力していく所存です。

★★ご予約はこちら★★

河﨑 賢三 院長への独自インタビュー

野球少年が整形外科医に。スポーツ整形を中心に研鑽を積む

私は小さな頃から野球をしていて、ケガをすることも多かったんですね。そうした自分自身の経験からケガの治療に携わりたいという気持ちが大きくなり、整形外科医になりたいと考えるようになりました。島根医科大学を卒業した後は、母校の大学病院や関連病院で診療にあたり、一般整形外科からスポーツ整形まで幅広く経験しました。
横浜で診療するようになったのは2004年、横浜総合病院のスポーツ整形外科部長に着任してからです。15年にわたって診療するなかでは、年間約300件に及ぶ手術を担当し、延べ8,000人ほどの患者さんとお付き合いさせていただきました。

豊富な経験と技術をいかし、健康維持・増進をサポート

私が専門とするスポーツ整形で診る患者さんは、学生さんをはじめとした若い世代の方がとても多いです。実際に、前職の横浜総合病院では、患者さんの約7割がスポーツ障害に悩む25歳以下の方だというデータがあったほどです。もちろん、肩こりや腰痛などをご相談いただくケースもありましたけれど、忙しいサラリーマンや学生さんが診療時間内にいらっしゃるのは難しいことだったと思います。
スポーツ障害のほか肩こりや腰痛などの悩みを抱える方々に向け、より身近な場所で質の高い医療をご提供したい。駅から近い便利な場所で、お仕事帰りにも気軽に立ち寄っていただけるようにと考え、2020年4月に開業したのが『横浜たまプラーザ運動器スポーツクリニック』です。スポーツによるケガや痛みに対する治療を行うのはもちろん、スポーツを通してみなさまの健康維持・増進をお手伝いしていきたいと考えています。

続きを読む→

青葉区美しが丘2丁目14−9

たまプラーザ駅