横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

小川 恭一 院長

KYOICHI OGAWA

整形外科診療とリハビリテーションを柱に、「人と、地域に寄り添う、運動器医療」を提供する

金沢大学医学部を卒業後、同大学の整形外科に入局。大学病院や関連病院で研鑽を積み、2011年より横浜栄共済病院で診療にあたる。外来診療や手術など幅広く経験を重ね、「本郷台駅」そばに開業。

小川 恭一 院長

小川 恭一 院長

小川整形外科リハビリテーションクリニック

栄区/小菅ケ谷/本郷台駅

  • ●整形外科
  • ●リハビリテーション科
  • ●リウマチ科
  • ●ペインクリニック

人の役に立ちたいと医師になり、整形外科を専門に研鑽を積む

小川 恭一 院長

私が医師になろうと思ったのは、「困っている人の役に立ちたい」という気持ちが大きかったでしょうか。私はサラリーマン家庭に生まれ、自分の近くにドクターがいたわけではありません。それでも、母から「困っている人を助けてあげなさい」と言われて育ち、漠然とではありますが「医師」という職業を意識するようになりました。子どものころは耳鼻科や内科のお世話になることも多かったので、それが影響しているのかもしれませんね(笑)。
金沢大学医学部を卒業した後は、野球部の先輩に誘われるままに母校の整形外科に籍を置きました。と、最初は軽い気持ちで自分の専門分野を決めてしまいましたけれど(笑)。整形外科は、自分の治療によって患者さんの症状が良くなったり、手術によって患者さんが元気にお帰りになったり、非常にやりがいのある診療科です。私自身、日々の診療のなかで喜びややりがいを感じながら、気付いたら「専門医」の資格を得るまでになりました。

「人と、地域に寄り添う、運動器医療」を目指して

小川 恭一 院長

金沢大学の附属病院や関連病院で経験を重ねた後、ここ横浜で診療するようになったのは2011年でした。前職の横浜栄共済病院では、外来診療のほか手術なども担当し、忙しくも充実した毎日を過ごしていたものの、患者さんの数が増えるに従って1人の患者さんにかけられる時間が短くなりつつありました。そうしたなか、私としては患者さんお一人おひとりとゆっくり向き合って診療したいという想いがあり、開業を考えるようになったのです。
本郷台駅の周辺は、横浜でありながらもゆったりした雰囲気があって、私自身も大好きな街なんです(笑)。もちろん私も周辺に住んでいます。これまで10年近く診療していた横浜栄共済病院の近くで開業できたことを嬉しく思いますし、愛着のある地域への恩返しの意味を込めて「人と、地域に寄り添う、運動器医療」をご提供したいと考えています。

充実の設備をいかして、オーダーメイドの治療を提供

小川 恭一 院長

『小川整形外科リハビリテーションクリニック』という名前のとおり、当院では整形外科専門医による診療と理学療法士によるリハビリテーションを柱に、患者さんお一人おひとりに適した運動器医療をご提供しています。デジタルレントゲンや超音波(エコー)など充実した医療機器を備えているのはもちろん、理学療法士が常駐する広々としたリハビリ室を併設していることも特長の一つ。関節や筋肉など「運動器の痛みは、動かして治す」との考えのもと、オーダーメイドで作成されるリハビリメニューを理学療法士がお一人おひとりに丁寧にご指導します。
整形外科を受診なさるのは、小さなお子さんからご高齢の方まで年齢層が幅広く、ご相談いただく内容もさまざまです。そうしたお一人おひとりに適切な治療法をご提案できるのが当院の強みだと思いますし、手術が必要な場合には横浜栄共済病院へご紹介するなど、スムーズに「病診連携」できる体制も整っています。私は現在も週に一度、横浜栄共済病院で手術を担当しており、執刀から術後の経過観察まで一貫してサポートすることがきますのでご安心ください。

患者さんのお気持ちに寄り添い、地域医療に貢献する

クリニックの理念を「人と、地域に寄り添う、運動器医療」としているように、私は患者さんお一人おひとりに寄り添いながら診療していきたいと思っています。診察の際は、パソコンの画面ではなく患者さんときちんと向き合い、患者さんの言葉に丁寧に耳を傾けたいと思います。患者さんのお話の中には、いろいろなヒントが隠れていることが多いですから、ご自宅でどのように過ごしているか、普段の生活でどのくらい歩いているか、といった情報も拾い上げながら、適切な治療につなげたいと思っています。
「地域に寄り添う」という意味では、みなさまが何かお困りのときやご心配なことがあるときに、気軽にご相談いただける存在でありたいと思います。当院に足を運んでいただき、ここで解決できるのが一番いいことですが、たとえ問題の解決が難しい場合でも、何らかの道案内をさせていただきたいと思います。この地域に暮らすお一人おひとりの「豊かな暮らし」を支えるために、精一杯力を尽くしたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『小川整形外科リハビリテーションクリニック』は、「本郷台駅」から徒歩3分の場所にあります。
地域のみなさまに気軽に足を運んでいただけるよう、院内はホテルのような空間を意識して、心からリラックスできる雰囲気づくりを心がけました。質の高い医療とお一人おひとりにおこなうリハビリテーションを通して、みなさまの健康をサポートさせていただきます。何かお困りのこと、ご心配なことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2020年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

小川 恭一 院長 MEMO

整形外科専門医

  • 出身地:千葉県
  • 趣味:お酒、野球、歴史
  • 好きな本:歴史小説(特に戦国時代のもの)
  • 好きな球団:巨人
  • 好きな言葉・座右の銘:念ずれば花ひらく
  • 好きな音楽・アーティスト:小田和正
  • 好きな観光地:石垣島、横浜スタジアム

グラフで見る『小川 恭一 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION