横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

萩原 理生 院長

RYU HAGIWARA

「お肌のかかりつけ医」として、地域のみなさまに美しく健康的なお肌を提供したい

国立東京医科歯科大学医学部を卒業後、同大学形成・美容外科に入局。数多くの症例に対する診療・執刀を行う。関連病院である地域総合病院での診療を経て、皮膚科、形成外科、美容皮膚科の垣根を作らず、患者さまのお肌の悩みをトータルサポートしたいという想いが強くなる。2022年4月に理想を詰め込んだクリニックを地元である横浜元町に開業。現在に至る。

萩原 理生 院長

萩原 理生 院長

元町形成スキンクリニック

中区/元町/元町・中華街駅

  • ●皮膚科
  • ●形成外科
  • ●美容皮膚科

形成外科医として挑戦しつつ、一生かけて皆さまに貢献したい

萩原 理生 院長

私は医者の家系ではなく、一般的な家庭で育ちました。中学高校と、大船にある栄光学園という学校に通っており、学生時代は部活であるテニスに朝から晩まで打ち込んでいました。その片道1時間の電車通学の間に、本をよく読んでいたのですが。おそらくその読書の中で、誰かの笑顔を見ると自分も笑顔になることに気づき、単純に笑顔になるためには心と体が健康でなければならないと感じ、医師という職業を選んだのだと思います。私の性分として、思考を停止して同じことを繰り返すことを嫌い、新しいこと・ものにチャレンジすることに魅力を感じることがあり、その点では形成外科医は天職だと思っています。形成外科は、手術がメインでその種類も多岐にわたります。巻き爪の手術や小さなホクロを取る手術から、乳がんで乳房を失った方に対する乳房形成術や、事故などで変形してしまった顔を綺麗に整えるような大きな手術まで様々です。そしてその手術デザインや手技の一つ一つの細かなところまで、自分のこだわりを詰め込められることに、とても魅力を感じました。開業した現在、その染み付いた考えは、クリニックでも発揮できると考えています。より患者さまとの距離が近い、街のお医者さんとしての立場から、患者さま一人ひとりの生活スタイルに合わせた治療計画を立てられること。元町形成スキンクリニックが、患者さまの笑顔であふれたクリニックであるべく、私自身も笑顔で患者さまに真摯に向き合い続けたいと思います。

お肌のトータルサポートができる医師を目指して

萩原 理生 院長

医局から派遣され、勤務してきた病院は、鴨川の亀田総合病院や、みなと赤十字病院、土浦協同病院など、地域の基幹病院がほとんどでした。病院にはさまざまな疾患で悩まれる患者さんが数多く来院されます。形成外科はキズのプロフェッショナルですので、他科での皮膚トラブル、手術での緊急対応、もちろん皮膚科クリニックで対応が難しい手術などの対応してきました。いつも思うのは、もっと早くから形成外科的な立場で介入できれば、もっともっと未然に防げたのに、という思いと、ここがもう最後の砦なんですという表情の疲れた患者さまの顔でした。クリニックのコンセプトである「お肌のかかりつけ医」、お肌の悩みはすべて解決できるクリニックでありたいという思いは、その時の気持ちが根底にあるのだと思います。

あってよかった!患者さまのニーズに合わせたクリニック

萩原 理生 院長

元町は中華街に面しており、私もよく子供の頃に親に連れられてキラキラした街並みと街ゆく素敵な人たちに憧れたものです。意外だったのが、この地域には、そもそも皮膚科や形成外科のクリニックが不足していたことです。来院される方には、よく「家の近くに皮膚科さんができて本当に嬉しい」とおっしゃっていただけます。当院には、赤ちゃんから90歳代まで幅広い方が来院されます。皮膚のお悩みで来てくださる地元の方がほとんどですが、形成外科のクリニックということで、ケガの対応を頼まれることも多くあります。元町中華街は観光地ですので、お店での切り傷やヤケド、お客さまの思わぬ事故もありますし、学校や幼稚園でのケガも多いです。そういった緊急の創部縫合処置に対応できるところは限られておりますので、患者さまには非常に喜ばれます。これは開業して本当に良かったと感じることのひとつですね。また、当院は日曜日も開院しているため、ご自分のかかりつけの医院が休診だということで、車で30~40分かけて診療を受けに来てくださる患者さまもいらっしゃいます。早期に対応しなければ痕が残ってしまっていたヤケドの患者さまや、日曜に突然出てしまった耐え難いほどのかゆみがある患者さまなど、やはり必要とされている患者さまが多くいらっしゃいますので、日曜診療はずっと続けて行きたいと思っています。

患者さんのお話をよく聞き、その方にとって最適な方法をご提案

患者さんとの関わり方で心掛けていることは、お話をよく聞くことですね。短い診察時間の中でその方のライフスタイルに合わせた解決方法を見つけていくことを大切にしています。皮膚は毎日外の刺激にさらされているところですので、毎日続けられるケアじゃなきゃダメなんです。数日あるいは数週間だけ、頑張って治療を続けてもらうのも時には必要なのですが、肌トラブルを繰り返してしまったら、結局ストレスになってしまう。当院は、患者さん中心の持続可能な治療計画を立てることを念頭に、ご提案をさせていただきます。

これから受診される患者さんへ

『元町形成スキンクリニック』は、「元町・中華街駅」から歩いて5分ほどの場所にある皮膚科・形成外科のクリニックです。毎日の些細な皮膚トラブルから、突然の怪我などまで、幅広く対応できる、地域の皆様のお肌のかかりつけ医になりたいと心から思っております。朝起きて鏡を見た時、お肌の調子が良いと気持ちが高まるものです。このような、ちょっとした幸せが毎日続きますように、そのお手伝いをさせていただきたいですね。お肌のことで困ったことがあればお一人で抱え込まず、当院に一度来ていただけたらと思います。

※上記記事は2022.5に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

萩原 理生 院長 MEMO

  • 趣味&特技:テニス・散歩・猫と遊ぶこと・キャンプ
  • 好きな本・愛読書:世界の絶景・ライフハック系
  • 好きな映画:グレイテストショーマン
  • 好きな言葉 座右の銘:『稽古とは、一よりならい十を知り、十よりかえる、もとのその一』千利休
  • 好きな音楽やアーティスト:スピッツ・ミスターチルドレン
  • 好きな場所・観光地:横浜(大桟橋)
  • 出身大学:国立東京医科歯科大学医学部

グラフで見る『萩原 理生 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION