横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

吉江 稔 院長 & のり子 副院長/吉江歯科医院(センター北駅・歯科)の院長紹介ページ

吉江 稔 院長 & のり子 副院長

YOSHIE MINORU & NORIKO

一口腔単位の治療をベースに
患者さん1人1人にベストを尽くす

日本歯科大学を卒業後、幅広い症例に携わり、スキルを磨く。豊富な知識と経験を地域医療に役立てるため、「センター北駅」そばに開業。

吉江 稔 院長 & のり子 副院長

吉江 稔 院長 & のり子 副院長

吉江歯科医院

都筑区/北山田/センター北駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

お互いに、父の背中を追って歯科医師に

吉江 稔 院長 & のり子 副院長

【吉江 のり子 副院長】
幼少の頃から歯科医師である父の仕事をそばで見ていましたので、父から受けた影響は大きかったと思っています。歯科医師となることを決めて大学に進学してからは先輩や先生、それに父からも色々と話を伺いました。その中で「自分のオリジナル、特殊性を持つことは大事だよ。」と何人かの方からレクチャーを受けました。一般歯科ではなく、矯正という分野を専門とするにあたってはその特殊性に惹かれたという面が大きかったと思います。

【吉江 稔 院長】
私も副院長と同じく、歯科医師である父の背中を見て育ち、やりがいのある仕事だなと感じたのがこの道を選んだ理由になります。座右の銘である「面倒と思わず即実行」というのは、実は父が常日頃、私に言っていたことなんです。歯の治療というのは妥協してしまうときりがないものです。なにしろ口の中というのは悪条件が揃っていて、言い訳には事欠かない面もありますからね。しかし、一旦妥協してしまえば全てを失うのもまた自明のことです。一切の妥協をせず、精一杯の力を傾けて治療をおこなうことが唯一我々に出来ることですから、その一線は守っていかねばなりません。
「何でも面倒と思うな、口にするな。考える前に実行しろ。」
今も、そしてこれからも肝に銘じ続けていかねばならないことと思っています。

科学的根拠に基づき、一口腔単位の治療をおこなう

吉江 稔 院長 & のり子 副院長

【吉江 稔 院長】
「一口腔単位で治療をする」というのが開院以来からの変わらぬコンセプトになります。
「一本の歯」の問題を軽視することなく、それを踏まえた上で顎の運動や噛み合わせにも眼を向けた科学的根拠に基づく治療をしていくということです。
平成6年(1994年)に開院し、17年が経ちますが、決して時代に流されることなく、変わらぬコンセプトを守ることに力を注いできたという感はあります。しかしそれは、決して古いものをそのまま維持するということではありません。技術にしろ設備にしろ、コンセプトに基づいて必要性があればためらわずに導入することは繰り返してきました。大事なことは科学的な論拠に基づいた丁寧な治療を続けること。その姿勢はこれからも変わることなく続けてまいりたいと考えています。

各分野の専門家が連携して、クオリティの高い診療を

吉江 稔 院長 & のり子 副院長

【吉江 稔 院長】
お口の中を一口腔単位で診るということは、虫歯、歯茎、歯並び等々、複数の問題を同時に診ていくということです。その一つ一つ、虫歯はこっちの歯医者、歯並びはあっちの歯医者、親不知(おやしらず)は大学病院で、となってしまえば統一性のある治療は難しくなりますし、患者さんにしても大変です。
夫婦というよりも、私であり副院長であり衛生士が、各々専門家の眼を持った形でコラボレーションして治療にあたれることが最大の利点と言えるかと思います。

【吉江 のり子 副院長】
それは矯正治療の過程にも活きてくることですね。矯正治療を始めるのに年齢の早い遅いは大きな問題にはなりません。その年齢、状態に合わせた治療というものが存在するからです。ただし、理想を言うとすると10代、ティーンエイジャーの間に治療を受けた方が治療の選択肢という面では有利なことは事実です。
しかし、実はこのティーンエイジャーの時期というのは、矯正治療中に虫歯が見つかるケースがあるんです。予防が必要な年齢だからこそ、衛生士によるケア、我々がコラボレーションをして診療にあたっていることが大きな意味を持つと考えています。

患者さんとのコミュニケーションを大切に、お1人お1人にベストを尽くす

【吉江 稔 院長】
出来るだけ早く痛みを取り除いてあげるということです。患者さんとの充分な対話(カウンセリング)を通じて、治療方針を決めるのは、まずは患者さんが困っておられることを除いてあげてからで良いと考えています。
応急処置は素早く、その後の本格的な治療は充分な時間と内容でおこなうということです。

【吉江 のり子 副院長】
患者さんとのコミュニケーションを大事にしています。治療の全体像をご説明し、細部に至るまで患者さんが納得された上で治療を開始しています。患者さんの気持ちをよく聞き、一緒に治療を進めていくという姿勢がなにより大切なことだと考えています。

これから受診される患者さんへ

【吉江 稔 院長】
私と副院長だけでは何も出来ません。私達はスタッフ達との関係を一つのヨットに乗るキャプテンとクルーであると考えています。キャプテンがいくら舵を右に左にとったとしても、風をしっかり捉えるクルーの工夫がなければヨットを走らせることは出来ません。その意味においてこの病院の理念をスタッフが共感し、支え続けてくれていることは非常に嬉しく思っています。私も含め、皆が誇りを持って治療を続けていけるようにと考えています。

当院は日本の方のみならず、世界各国の方がお見えになります。私達のやっている治療が国境を越えて理解され、受け入れていただけることには率直に嬉しく思います。ただ理念を掲げているだけではダメで、患者さんに通じて初めて意味が出てくる。患者さんに「ありがとう」と言っていただけることを励みにスタッフ一同頑張ってまいりたいと思います。
当院は駅から離れていて不便をお掛けすることもあるとは存じますが、「とにかくしっかり治したい」という方々の思いに応えることの出来る医院でありたいと考えております。

※上記記事は2011.5に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

吉江 稔 院長 & のり子 副院長 MEMO

  • 出身地:[院長]神奈川県 [副院長]東京都
  • 趣味・特技:[院長]ゴルフ、家族旅行 [副院長]家族旅行
  • 好きな本・愛読書 :[院長]乱読派
  • 好きな映画:[院長]追憶、スティング
  • 好きな言葉・座右の銘:[院長]面倒と言わず思わず即実行 [副院長]毎日を必死に生きる
  • 好きな音楽・アーティスト:[院長]カーペンターズ、GReeeeN [副院長]ビリー・ジョエル
  • 好きな場所・観光地:[院長・副院長]オーストラリア、ヨーロッパ

グラフで見る『吉江 稔 院長 & のり子 副院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION