横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

大前 潤司 院長 & 大前 瑛子 歯科医師/ニコデンタルクリニック(たまプラーザ駅・歯科)の院長紹介ページ

大前 潤司 院長 & 大前 瑛子 歯科医師

JUNJI & AKIKO OMAE

痛みのない治療と適切な口腔ケアで
みなさまのお口の健康をサポートしたい

院長・副院長ともに、昭和大学歯学部を卒業。勤務医として幅広い症例に携わってスキルを磨き、「たまプラーザ駅」そばに開業。

大前 潤司 院長 & 大前 瑛子 歯科医師

大前 潤司 院長 & 大前 瑛子 歯科医師

ニコデンタルクリニック

青葉区/美しが丘/たまプラーザ駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

子供の頃から身近にあった、医療の世界を志すように

大前 潤司 院長 & 大前 瑛子 歯科医師

【大前 潤司 院長】
私の父親が千葉で歯科医院を開業していました。兄弟3人の中で小さいころから私だけが興味を持って、診療所にも遊びに行き、スタッフの方達から遊んでもらっていました。自然と歯科医療にもなじみを持ち、いつの間にか将来は歯医者になりたいな…と思っていました。患者さんに親しまれ、感謝される父の姿を見ていたこともあり、人の役に立てるのであれば…と思ったのも大きな理由です。
卒業後は二子玉川や登戸などの歯科医院で、一般歯科やインプラントについて学びました。その後も更に経験を積みたいと考え、同時に2か所の歯科医院で臨床経験を積みました。治療のスピードアップや技術の向上、お子さんへの接し方など小児歯科の診療を学んだのもこの頃です。多くの患者さんを診療した経験を生かしたいと考え、ここ、たまプラーザでの開院を決意しました(東急田園都市線たまプラーザ駅徒歩5分)。

【大前 瑛子 先生】
私は祖父が小児科医をしていたこともあり、人を助ける医療の世界にはもともと興味がありました。歯科医師を選んだのは、中学生の時の体験がきっかけですね。いきなり口が開かなくなり、しかも食べる時に痛みが出る状態になってしまったんです。病名でいえば顎関節症なのですが、当時、私の症状にははっきりした病名もありませんでした。しかし、通院した歯科医院ではしっかりと治療をしてくださいました。先生の「お口が体全体のバランスを整えている、噛み合わせで全体が変わってくるんですよ」というお話がとても印象に残りました。自分の体験から口の重要性を感じたことが歯科医師を志す大きなきっかけになったと思います。
大学卒業後は、白金を始めとして都内のクリニックで学びました。歯科全体はもちろん、特に力を入れて学んだのは口腔ケアで、お口のケアと審美歯科についても学びました。その後もメディカルハーブなど患者さんのケアに役立つ勉強を続けています。生まれ育った地元の方に、より良い歯科医療を提供していければと思っています。

女性目線・ママ目線で考えた、開放感のあるクリニック

大前 潤司 院長 & 大前 瑛子 歯科医師

【大前 潤司 院長】
開院に際してはエリアを東京や神奈川、その中でも妻の育った場所でなじみのある田園都市線での開業を考えていました。そんな中、2方向から見える開放感のある物件が見つかったのはとても良かったと思います。
院内はバリアフリーの造りにして、天井を高くするなど、より解放感があり院内の様子が良く見えるようにしています。理由としては歯科医院の入りづらさをなくすため、そして歯科医院に興味を持ってもらうためです。天井が高くなった分、暗くならないように間接照明をたくさん入れて明るくしています。ただ、天井が高いので、ちょっとしたお掃除もひと仕事です(笑)。また、院内はカウンターをつくるなどカフェのイメージで。待っている間はパソコンの使用や携帯電話・スマホの充電もできるようにコンセントも完備しています。
多くの方がいらっしゃる場所ですから、院内の環境には特に気をつけています。待合室と治療エリアには、天井に高機能の空気清浄器を導入。インフルエンザなどウイルスの除菌だけでなく、PM2.5などの有害物質対策、歯科医院特有の薬品の臭い対策にもなっています。待合室には飲料水や加湿器を設置して、のどやお口の環境にも配慮しています。

【大前 瑛子 先生】
クリニックの場所は2年ほど探しましたが、地域にお住まいの方・お勤め帰りの方、どちらにも立ち寄りやすい良い場所に開院することができたと思いますね。院長の言うように、歯医者さんだけれども気軽に立ち寄れる場所にしたいと考えました。外から見える院内にしたことで、患者さんでなくても、お口のケアグッズを購入するために立ち寄ってくださる方も多くいらっしゃいます。歯科医院以外ではなかなか置いていない、お子さん用やホワイトニング効果の高い歯磨き粉など、質の高いデンタルケア用品の他、寝る前に食べても良いチョコレートやガム、ラムネなども人気ですね。医療機関でしか売れない、ヒアルロン酸の入っているリップクリームも好評です。
院内の設備で特徴的なのが診療室の真ん中に設置したキッズルームです。私自身母親ということもあり、ママ友にも話を聞くなどしてキッズルームの場所を考えました。足元には隙間を設けて、お子さんの目線からお母さん達の足元が見えるようにしました。仕切りには曇りガラスを入れて、プライバシーにも配慮しています。患者さんには安心していただいている様でとても好評です。
また、ホワイトニングやお口のクリーニングに関しては、静かな環境で音楽を流すなどリラックスして診療を受けてもらいたいという思いがありました。個室も完備しているので、診療内容によって場所を変えるようにしています。歯科医院での治療は子供連れで行っても落ち着けない…と考えている方はぜひ、いらしていただきたいですね。

わかりやすい説明、痛みのない治療を心がける

大前 潤司 院長 & 大前 瑛子 歯科医師

【大前 潤司 院長】
受診される方は近隣にお住まいの方が多いですが、お子さんや親御さんだけでなく、お勤め帰りのサラリーマンの方やご高齢の方も多いです。ご紹介でみえる方も多く、奥さまが受診にみえてご家族をご紹介いただくことや、ご夫婦で来られる方、お母さんの紹介で娘さんが受診されることもあります。地域のかかりつけ医として、家族で来ていただけるクリニックを目指していきたいと思っています。治療設備には高精度の検査が可能な歯科用のCTを導入している他、口腔外バキュームで治療中の飛び散る汚れをキレイに吸い取りますので、清潔な治療も当院の特徴です。
診療の際に大切にしていることは、「痛みの少ない治療」「治療の終わりが見えるご説明」の2つ。歯科治療ではお子さんも大人の方も痛みを出さないことが大切です。歯ぐきの表面に塗る麻酔薬や、最も細い針、電動麻酔機を使用するとともに、今までの経験でどこに注射をすれば痛みが少ないか…というテクニックも学んできましたので、可能な限り痛みが少ない治療をすることが可能です。ぜんぜん痛みを感じなかった…と言われることも多いです。
そして、治療の際には、治療の終わりを見据えた治療計画を立てるようにしています。治療の度に分からないまま歯を治されたのでは患者さんも不安になってしまいます。当院では、最初にお口の中を拝見した時に「ここを治して最終的にこうなります」というお話を最初にご説明します。どの位期間がかかるのかをご理解いただくことで、モチベーションを持って治療に臨んでいただけます。
インビザラインという矯正治療ではマウスピースの取り外しができるので、歯のケアを簡単にすることが可能ですし、見た目も以前のワイヤー矯正より目立たなくなり良くなりました。また3DSというお口の除菌治療は1日5分程度、マウスピースをつけるだけの手軽なもので、特に歯周病の治療に効果を発揮します。歯ぐきの腫れや出血など歯周病の症状がなかなか良くならないという方におすすめです。こうした治療は定期的なお口のクリーニング(PMTC)と合わせて受ける方が多いですね。

お1人お1人のペースにあわせて、お口の健康をサポートしていく

【大前 瑛子 先生】
当院では一般的な歯科治療のほかにも、歯や歯ぐきを始めとする口腔ケア全体にも気を配っています。口腔ケアは歯科治療にとり大切な部分。悪くなってしまった歯の治療とお口のケアをトータルバランスで考えるようにしています。口腔ケアがしっかりしていれば、虫歯や歯周病にもなりませんし、時間や費用の節約にもなります。虫歯があれば治療しますが、治療後に歯を長持ちさせることも大切。歯を失う歯周病の怖さや日頃からの歯のケアの大切さをご説明しています。当院に来ていただく患者さんには、虫歯や歯周病を治したら再度歯が悪くならないようにしたいと考えています。いつまでも長く美味しくご飯を食べられるようにするお手伝いをしたいですね。
歯医者さんは歯を削る場所、怖い場所というイメージをお持ちかもしれませんが、本当は歯医者は美容院と同じで歯を綺麗にする場所、ケアする場所です。当院にみえる患者さんは歯を大切にされる方も多く、ホワイトニングをご希望されるご高齢の方も増えています。一般的にホワイトニングは薬品の刺激が強く、しみてしまうことやその日は着色物を食べられないなどの制約もあります。当院ではポリリン酸という日本人に合わせたホワイトニングを導入。その日のうちに食べたり飲んだりすることが可能ですし、歯がしみるなどの刺激がないのも特徴です。修復と抗菌作用があるので虫歯や歯周病の予防にもなります。
また、当院ではヤニやステイン(歯の着色)、歯ぐきの着色などをとる器械を入れていますので、歯の色や見た目が気になる方は気軽にご相談ください。また、治療の際にはお顔にかけるタオルにアロマエッセンスを含ませてリラックスしていただくこともできます。私はメディカルハーブセラピストの勉強をして資格をとりましたので、ご希望の香りがあればおっしゃっていただければと思います。
私が治療の際に大切にしていることは、患者さんの立場に立って治療を行うこと。例えば、お仕事が忙しくてあまり治療に来られないようであれば、それに合わせた治療計画を立てます。お子さんであれば、無理やり治療をせず、お子さん一人一人に合わせた診療をおこないます。例えば、治療を怖がるお子さんには、今日は水を触るだけ、今日はお口の中を吸う練習…次はお掃除をしようか…そろそろ治療してみようか…など、少しずつ治療をおこなうこともあります。もちろん親御さんの了承を得ておこないますが、時間や足を運ぶ回数が増えてしまっても歯医者が嫌になるよりいい…というお声をいただいています。これからも患者さんに寄りそった治療やお口のケアを続けていきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ

【大前 潤司 院長】
当院のコンセプトは、患者さんの一生のかかりつけ医になるということです。そのためにも単に虫歯治療をするだけでなく、今後のメンテナンスも視野に入れた治療を大切にしていきます。また、日々のケアでは患者さんがされるブラッシングが大切になってきます。使う歯磨き粉やブラシは患者さんのお口の状態により変わってきます。歯の磨き方と共に、最適なブラシや歯磨き粉の選び方などもアドバイスさせていただければと思います。
院内はキッズルームや待合室など過ごしやすさに気を配って、ウイルスや感染症対策もしっかりとおこない、お子さんやご家族、ご高齢の方まで安心して来ていただけるクリニックにしています。歯が痛くなくても、お口の中のことで困ったことがあればお気軽にご相談ください。また、ご希望される方にはお子さんへの虫歯の予防に効果があるフッ素の無料塗布を実施しています。妊婦さん向けの検診や区の検診事業にも対応しますので、こうした公的な制度も含めて歯医者さんへ足を運ぶきっかけにしていただければと思います。

【大前 瑛子 先生】
当院を受診された患者さんにお聞きしてみると、どういう時に来ればいいのか分からないから歯が痛い時にしか来ないという方がいらっしゃいます。歯は普段からのケアが長持ちさせる秘訣です。院長が言う様に、歯磨きやブラシなど、必要なケアは人により違ってきます。歯科治療とともにそうしたアドバイスもできればと考えております。また、歯磨材やホワイトニングなど歯についてはもちろん、お顔や体全体に使うコスメについての専門家、コスメコンシェルジュという資格をとりました。唇も歯ぐきも歯科の分野です。お口周辺のケアをトータルバランスを考えてご提案させていただきます。
歯は自分のご自分の目では見えない部分ですし、不安を感じることも多いと思います。当院ではお口の中をカメラで撮影致します。撮影した画像は治療ブースの画面ですぐに見ることができるので、歯石や虫歯の状態を見ながらなるべく分かりやすく説明を致します。
患者さんが入れ歯にならず、長生きしてご自分の歯で食べられるようにお手伝いできればと考えております。不安なこと、気になることがあれば、何でもご相談ください。

※上記記事は2018年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

大前 潤司 院長 & 大前 瑛子 歯科医師 MEMO

  • 出身地:[潤司 院長]千葉県 [瑛子 先生]東京都
  • 趣味・特技:[潤司 院長]テニス、マンガ [瑛子 先生]テニス、美味しいものを食べる
  • 好きな本・愛読書 :[潤司 院長]ダン・ブラウン(天使と悪魔、ダ・ヴィンチ・コード)、ハリーポッターなど [瑛子 先生]美容関係の本
  • 好きな映画:[潤司 院長]アニメ(新海誠、宮崎駿など) [瑛子 先生]海外ドラマ(クリミナル・マインドなど)
  • 好きな言葉・座右の銘:[潤司 院長]粉骨砕身 [瑛子 先生]猪突猛進
  • 好きな音楽・アーティスト:[潤司 院長]ジャパニーズパンク、男性系バンド [瑛子 先生]オールジャンル
  • 好きな場所・観光地:[潤司 院長]家 [瑛子 先生]おいしいお店

グラフで見る『大前 潤司 院長 & 大前 瑛子 歯科医師』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION