横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

城戸 秀美 理事長

HIDEMI KIDO

コミュニケーションを大切に、それぞれの専門医が患者さんのご希望に柔軟に対応する

昭和大学歯学部卒業後、昭和大学歯科病院小児歯科学教室入局。口腔保健センター(身障児診療センター)へ出向し経験を積む。1994年、『クローヴァ歯科クリニック』を開業(北山田駅から徒歩10分)。

城戸 秀美 理事長

城戸 秀美 理事長

クローヴァ歯科クリニック

都筑区/北山田/北山田駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

患者様と共に成長し、地域に根ざしたクリニックでありたい

城戸 秀美 理事長

私が医学の世界に興味を持ったのは、高校生の頃に見た体の中を舞台にした映画に感銘を受けたのがきっかけです。周りの友だちも医学部志望の理系が多かったためか、自然と普段する話も医学に関することが多く、体の中は面白いと思い医学部・歯学部に行きたいと考えました。小さなころからセーターや手袋を作るなど手先が器用だったことや子どもが大好きだったこともあり、周りからも向いているのではないかと言われていました。ですから、最初から小児科か小児歯科という希望は決めていました。
昭和大学歯学部卒業後は、大学の歯科病院小児歯科学教室に所属。小児歯科や障害者歯科の診療にあたっていました。その後1994年、当初何もなかった横浜市都筑区にクローヴァ歯科クリニックを開院。この新しい街と共に歴史を刻み、育ってきた歯医者です。当時お子様だった方も、お母様になられてお子様を連れていらしたり、そういった患者様の歴史も見させていただき、一緒に成長していけるということは私にとって財産です。今後も長い付き合いを大切に、地域に根ざした歯医者さんでいたいと思っています。

それぞれの専門医が患者様にあった治療をしていく

城戸 秀美 理事長

当院は小児歯科と一般歯科、矯正歯科はそれぞれの専門医が対応しています。複数の医師で治療を行うことも特色です。
まず担当者が細部まで点検し、モニターで患者様に確認をして頂きます。虫歯など見つかったときは専門のドクターに引継ぎを致します。
小児歯科につきましては、私を始め女性3名で対応しており、怖がってしまい、治療がまだ難しいお子様に対しても、無理なくそのお子様に合わせて進めてまいります。
小児歯科は口腔関係の手術や、お口の周りのちょっとした手術が必要なこともあります。親知らずの抜歯はもちろん、舌が動かない方や、舌と口の距離が近すぎる方のため希望があれば舌の下側の筋を切る手術なども行うこともあります。英語の発音を勉強する時に発音を上達させたいと希望される方もいらっしゃいます。
全身疾患がある方の歯科治療に関しては昭和大学をはじめ、専門の医療機関と連携を取り治療しています。

予防歯科治療はお口や歯の正しい成長を促します

城戸 秀美 理事長

今後特に力を入れて行きたいのが予防歯科治療です。お子さんの予防歯科には虫歯を防ぐことのほか、お口や歯の正しい成長を促す目的もあります。当院では歯ブラシの使い方から始まり、食生活へのアドバイスまで行っています。年齢は1歳位からでも大丈夫です。
例えば、お子さんの口の形を見ると筋肉の成長の具合が分かります。成長がしっかりしていない場合には離乳食の与え方に問題がある場合も多いのです。スプーンの出し入れで口の筋肉が鍛えられたり、食材の切り方で前歯の使い方が変わってきたり、離乳食の与え方一つでお口の成長が変わってくることもあります。ですから、お子さんが口を自然と使える方法や食生活指導も含めてアドバイスさせていただいております。離乳食は与え方にもコツがあるので、できれば早いうちに一度ご相談に来ていただければと思います。
検診では一本一本大きくモニターに写し、必ず親御さんにカメラでお口の中を見て頂き、指導をさせていただいております。
また、お子様のシーラントは、虫歯になっていないところを埋めるのではなく、なりかけの虫歯初期であればレーザーで歯を傷つけることなく虫歯だけを取り除いた上で埋めるといったような処置を行っております。

コミュニケーションを大切に、納得をして頂いた上で治療を進める

舌や口の周りの筋肉の調和がとれていることが大切だというのが私の考えです。
予防歯科と一緒に1日5分から10分程度でできる舌を上や横に動かしたり、口を閉じたりといった口腔筋機能トレーニングも行っています。歯並びも変わってくるので、矯正治療の治療が必要なくなる方もいらっしゃいます。予防とトレーニングを行ってから様子をみて矯正治療という流れにしています。
コミュニケーションをとりながら、患者さんのご希望に柔軟に対応した治療を提供できるようにする、ということを心がけています。
歯科医療も日に進歩しています。今後も新しい技術や知識について勉強し、患者様により良い治療を提供できるように努力して行きたいです。

地域の方やお母さんたちへメッセージ

保健所で検診が終わったら、どこでもいいので、掛かりつけのお医者さんに検診に行くことをお勧めします。お口の機能としては離乳食がとても大事。歯並びは舌の力が大切です。よくかむと舌の力が強くなり、内側から押す力が強くなると顎も広がってきます。
また、頬の緊張が強いとキューっとなってしまって顎が小さく細くなる。
大切なのは調和が取れていること。ある程度頬がやわらかくて、舌や顎の広さなど、調和が取れているときれいな歯並びになるのです。
離乳食の相談や、何にも不都合がなくても、是非いらして頂ければなんでも相談にのります。遠慮なさらず、気軽にいらして欲しいです。

※上記記事は2018年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

城戸 秀美 理事長 MEMO

  • 趣味:テニス、旅行、犬好き(トイプードル2匹、柴犬1匹飼っています)
  • 好きな場所・観光地:テニススクール
  • 好きな本・作家:風と共に去りぬ、赤川次郎、東野圭吾
  • 好きな映画:風と共に去りぬ
  • 好きなアーティスト:中島みゆき
  • 好きな言葉・座右の銘:いつか笑い話になるからくよくよしないで今日の風に吹かれましょう

グラフで見る『城戸 秀美 理事長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION