横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

鈴木 俊和 医院長/ベルデンタルクリニック(青葉台駅・歯科)の院長紹介ページ

鈴木 俊和 医院長

TOSHIKAZU SUZUKI

あなたの笑顔と健康を回復する。居心地の良い、話しやすいクリニックを目指して

奥羽大学歯学部卒業。日本大学歯学部大学院にて博士号取得。1993年に『ベルデンタルクリニック』を開業(東急田園都市線「青葉台駅」より徒歩3分)。

鈴木 俊和 医院長

鈴木 俊和 医院長

ベルデンタルクリニック

青葉区/青葉台/青葉台駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科

培ってきた学びがいまの糧となって

鈴木 俊和 医院長

私には師匠がいました。高校生の時に叔父の紹介で行った歯医者さんなのですが、「この人のようになりたい」と思わせてくれる人だったんです。一言で言えば「カッコイイ」というのでしょうか。温和で知的で、その先生に出会ったことがこの道に進む大きな契機となりました。
大学卒業後は日本大学歯学部大学院で基礎研究に勤しみました。臨床は、この先何十年と続けていくわけで基礎は大学でしか学べないことですから、「ならば、やってみよう」となったんですね。当時はまだインプラント治療というものが形になっていない頃。インプラントにしても、細胞や組織について理解が必要です。昨今、iPS細胞による再生療法がようやく形になろうとしています。当時学んだことが今糧になってくると感じています。

地域のホームドクターを目指して

鈴木 俊和 医院長

『ベルデンタルクリニック』は1993年に開院いたしました。ありがたいことに開業当時から通ってくださってる方もいらっしゃいます。「こんなに小さかったのに」という子が結婚してお子さんを連れて、ということもあり、三世代に渡って来院されているご家族もいらっしゃいます。
私は当初からホームドクターを目指してきました。小さなお子さんからおじいちゃん、おばあちゃんまでを幅広く診たいと思ってきたんですね。ですから、小児も診れば、入れ歯もインプラントも矯正も扱う。ざっくばらんに言ってみれば、「何でも屋さん」というところでしょうか。

治療を決める際には、包み隠さず、事実を述べていくことを重視しています。あらゆる治療には、長所と短所があるのです。そこから選んでいただくには、何よりも事実を知っていただかなくてはなりません。結果、説明が少々長くなるのですけどね(笑)。

たかが歯、されど歯

鈴木 俊和 医院長

「説明が長い」と申しましたが、実際の治療にかかるまでの診査・診断にも時間をかけています。いわゆる「木を見て森を見ず」ではなく、全体的なことを見て方針を立てていくのです。虫歯が1本できてしまったとしましょう。その1本だけ治せばいいのではなく、あごの状態や足を含む体全体のバランスを診ていきます。結果には原因があります。その原因を突き止め、再発することがないよう根本的な治療を施していくのです。ゆえに、私は患者様に立ってもらい足の位置も見ます。姿勢や肩の傾きなども拝見していきます。お口の症状が全身に現れることもあれば、その逆もあるんですね。例えば、歯を治療することによって靴の減りが左右均等になることもあります。右でしか掛けれなかったショルダーバックが左でも掛けれるようなるといったこともありますね。たかが歯、されど歯!!なのです。

歯科の枠組みを越えて

少子化傾向にありますし、今のお子さんは虫歯も減ってきていますから、今後は予防ということが中心になっていくでしょう。「全身を診ていく」とお話ししましたが、予防という意味でも、「歯」だけを診ていては難しいことも多く、今後は医科や薬科とのタイアップが必要と考えています。
鼻が詰まると口呼吸になります。口呼吸になると口が乾燥しやすくなりますし、ドライマウスの要因ともなります。これなどは耳鼻咽喉科の専門領域ともなりますから、協力して治療にあたることで効果を高めることが可能になるのです。
耳鼻咽喉科と密接に絡むものとして、誤嚥性肺炎という疾患があります。私もこちらで20数年診療を続けてきましたけども、だんだんと通院が難しくなる患者さんが増えてきました。院内はバリアフリーとなっていますし、エレベーターもありますから、無理をしていただければ来れるかもしれませんが、寝たきりの状態になってしまってはそれも難しく、少しでもお力になれればと訪問診療を始めました。誤嚥性肺炎を防ぐため、これからは歯科と医科が協力して取り組むことでさらなる成果を生み出せるのではと思っています。

これから受診される患者さんへ

当然のことながら、使用器具の滅菌・消毒は徹底をしておりますし、安心していらしていただける体制を整えています。お口を清潔に保つことが感染症の予防につながることはデータでも明らかです。ウイズコロナの時代だからこそ、歯科医院に定期的に足を運んでいただき、お口のことについてなんでもご相談ください。

※上記記事は2020年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

鈴木 俊和 医院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:海釣り、バイオリン演奏
  • よく手にとる本:コンピューター関係書籍、「食」に関する本
  • 座右の銘:一期一会
  • 好きな音楽:クラシック
  • 好きな観光地:ハワイ、宮古島(岩手県)

グラフで見る『鈴木 俊和 医院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION