横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

武藤 光央 院長

MITUO MUTO

地域に根差した医院として訪問診療、障がい者歯科医療も。チーム医療で患者さんのお口の健康を支える

鶴見大学歯学部卒業後、同大学歯学部付属病院勤務。西鎌倉の氏家歯科医院での勤務を経て、都筑区大熊町にて『武藤歯科医院』を開院。2016年、現在の地へ移転。

武藤 光央 院長

武藤 光央 院長

武藤歯科医院

都筑区/折本町/鴨居駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

薬学から医学へ。ヨット部で学んだチームプレーを活かして

武藤 光央 院長

歯科医師を志したキッカケは少々変わっていて、はじめは薬学の大学に通っていました。1年生のあるとき、自分の歯の治療が必要になり、歯科に通院したところ、その歯科医師の先生がとても良い先生で影響を受け、歯科医になりたいと思うようになりました。薬学の大学を卒業してから、 改めて医大に入りなおす道もありましたが、2年で薬学の大学を辞めて鶴見大学歯学部に入り直しました。薬学部ではヨット部に所属しておりましたので、歯学部に入り直してからもヨットを続けました。ヨットの場合、二人でペアを組んで競技をします。船を動かすためには、チームプレーが必要となります。今考えてみますと、部活を通してチームプレーを学んだことは、歯科医としての道を歩むうえでも大切な経験となっています。青春時代をずっと一つの競技に打ち込むことができて、本当に良かったと思っています。

地域に根差した医療を

武藤 光央 院長

都筑区の大熊町というところで27年前に開業しましたが、3年前、この場所に何百メートルだけ移動してきました。30年ちかくやっていると患者さんもご高齢になってきて、1階でなるべくバリアフリーのテナントがいいという声もあり、ここに移りました。おじいちゃん、おばあちゃん、孫まで三代に渡って来てくださる方が多く、赤ちゃんだった子が、自分の子供を連れてくるような、そういう患者さんが数多くいます。衛生士さん達もずっと見てきているので、そんな患者さんに会えることがやりがいのひとつのようです。ご高齢の患者さんは、ケアも大変なのですが、ベテランの衛生士さんが対応してくれるので、安心して通っていただいています。 診察で心がけていることは、オーバートリートメントにならないようにということ。もちろん必要な治療はしますけど・・・技術の進歩に沿ってその時々の治療方針はありますが、やっぱり人工的なものの限界を感じる時もあります。

麻酔医も参加するチーム医療

武藤 光央 院長

常勤医師は2名で、あとは矯正歯科・口腔外科・歯科麻酔などの非常勤の先生でチーム医療を行っています。歯科治療に極度の恐怖を感じる患者さんには、歯科麻酔医が静脈内鎮静法を用いて治療にあたります。地域への訪問診療は、衛生士さんと一緒に僕が出かけて行きます。訪問診療は高齢者施設のみではなく、今まで十分な対応ができなかった障害者の利用する施設を中心に行っています。こうした取り組みは、チーム医療が効率よく行われているからこそできることです。特にうちの衛生士さんはずっとここで勤務してくれているベテランの衛生士さんたちですから、この医院のチーム医療を基礎的な部分で大いに支えてくれています。ずっと見てくれている衛生士さんなので、今まで歯肉が引き締まっていたのに、いつもと違うちょっとした変化、口臭などに気づき、問題を早期に見つけることが出来る。そういった面でも衛生士さんの力はすごく大切です。

障がい者歯科医療

この地域で長くやっているので、患者さんあっての武藤歯科医院だといつも思っています。そして、あたり前のことですが、障がいをお持ちの方も地域にいるらっしゃるわけで、地域に根ざしているということは、そうした障がいのある患者さんも、多くの患者さんの一人だということです。訪問診療も、多かれ少なかれ障がいのある患者さんのためのものと考えています。こちらでの診療の他に、僕は横浜市歯科医師会が運営する障がい者歯科保健医療センターというところで、週に一回勤務しています。もう20年ほどになりますが、現在は歯科医師会担当理事をしています。地域のクリニックからのご紹介で、センターの方へ治療に来られる患者さんが大勢いらっしゃいますが、障がいをお持ちの方の診療は、こちらの側でどれだけ相手を理解できるかというのが大切だと思っています。武藤歯科医院の近隣地域にお住まいであれば、こちらで歯科診療を受けていただくことができます。ご心配であれば色々な環境を整えることもできますので、お気軽にご相談ください。

これから受診される患者さんへ

これまで通院していただいた患者さんを見ていると、ちゃんと歯科的管理をした患者さんというのは、やはり歯周病になりにくいし、80歳でも全部自分の歯が残っていたりします。60歳ぐらいの時から通っていただいている患者さんでも、60歳以降は1本も歯が抜けてないっていう患者さんがいます。客観的に見て、お口の健康を保つためには、やはり定期的なメンテナンスが大切なのです。ですから患者さんに安心して通ってもらえるよう、歯科が苦手な患者さんやリスクの高い患者さんには、生体モニターを使って歯科治療のストレスを管理しています。また、感染の予防のためにインフェクションコントロールドクター資格を現在取得中です。明るく清潔感のある診察室です。
基本的には全ての患者さんに、なるべくリラックスしてもらって治療を行いますので、安心して受診してください。

※上記記事は2019年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

武藤 光央 院長  MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:ヨット、野球観戦
  • 好きな音楽やアーティスト:古いR&B
  • 好きな場所や観光地:千葉県南房総
  • 好きな言葉・座右の銘:「愛を以って礎となさん」

CLINIC INFORMATION