横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

大内 昇 院長/大内歯科クリニック(三ツ境駅・歯科)の院長紹介ページ

大内 昇 院長

NOBORU OHUCHI

患者さんに寄り添い、将来を見据えた治療を
長期的な予防とメンテナンスで歯を守りたい

北海道大学歯学部卒業後、東京医科歯科大学補綴科に入局。一般歯科診療だけでなく幅広い診療経験を積む。真坂歯科医院での経験を経て、1993年、三ツ境駅近くに大内歯科クリニックを開院。

大内 昇 院長

大内 昇 院長

大内歯科クリニック

瀬谷区/三ツ境/三ツ境駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●訪問歯科診療

親族からの影響を受け歯科医師に。馴染みのある地域で開院

大内 昇 院長

親戚に歯科医師と医師がいたこともあり、物心がついた頃には自然と医療の道を意識していました。近所の歯科医院や親戚に歯の治療をしてもらう機会もありましたが、不思議と歯科嫌いにはならず、興味の方が勝っていたようです。医療で人と関われる仕事がしたいと歯科医師を目指し、北海道大学歯学部へ進みました。
卒業後は東京医科歯科大学補綴科に入局。主に入れ歯や特殊な補綴を専門に診療経験を積み、顎顔面補綴と呼ばれる、手術後顎に変形が見られる患者さんの歯を治す治療にも携わりました。勤務医時代から自分のやりたい歯科医療を実現したいと思っていましたので、真坂歯科医院で審美歯科の経験を重ねた後、1993年、生まれ育った横浜二俣川にも近い三ツ境駅近くに大内歯科クリニックを開院しました。

一般歯科をはじめ様々なお口の症状に対応。最小限の治療を

大内 昇 院長

当院では、お口の中の様々な症状にオールマイティーに対応できるよう、一般歯科、予防歯科、小児歯科、接着歯科、審美歯科、インプラント、訪問診療を中心に総合的な診療をご提供しています。特別に何かに特化した診療をおこなっているわけではありませんが、審美歯科やインプラントなどは豊富な知識と治療経験がありますので、患者さんのご希望に応えられるかと思っています。
どのような症状に関しても一貫して言えることは、「最小限の治療で、患者さんご自身の歯を守る」ということです。歳を重ねてもご自分の歯がある生活を楽しんでいただくために、できるだけ、抜かない、削らない、神経を取らない、最小限、かつ将来的な経過を見据えた上での治療を心がけています。
ご利用いただく患者さんは小さいお子様からご高齢の方まで年齢層は幅広く、近所にお住いの方のほか、患者さんからの口コミやご紹介で来院されたり、電車に乗ってお越しになる患者さんもいらっしゃいます。歯にこだわりを持ち、真剣に向き合っている方が多いように感じますね。開業当初からの長いお付き合いの患者さんも多く、クリニックと共に一緒に歳を重ねている感じがします。

長期的な予防とメンテナンスで健康寿命に貢献したい

大内 昇 院長

当院の一番の特徴は予防歯科にあると思います。開業以来力を入れてきており、私の得意分野でもあります。歯は悪くなると坂道を転がるように悪化しますので、痛みなどの症状を取り除くその場限りの治療ではなく、治療を終えた後も良い状態を維持するための予防とメンテナンスが一番大切です。当院には20年以上定期的にメンテナンスにお越しになる患者さんが多く、長期的なメンテナンスによって10年、20年と良い状態で保てることは素晴らしいことです。患者さんご自身も頑張らないと長くは続けられないことなので、お越しになった際は「自信を持って素敵な歯を自慢してください」とお伝えしています(笑)。そのように患者さんと向き合え、患者さんの健康に関与できたと感じられることが仕事としてのやりがいであり、楽しみですね。
ほとんどの方にとって、歯はメンテナンスが勝負です。現在70歳で自分の歯が残っている人は半分以下で、義歯が入っていない人は多くありません。昨今、オーラルフレイル(口腔機能の衰え)が注目されており、お口の状態は健康寿命に関係していると言われてます。歯の治療や歯石をとるメンテナンスは自分自身でできることではありませんので、定期的にメンテナンスで通っていただき、長く自分の歯を維持していただきたいと思います。

会話を重視した診療、地域のデンタル意識を底上げする活動も

日頃から患者さんとお話しする時間を大切にしています。歯の治療に関わることから世間話まで、お話の内容は多岐にわたりますが、患者さんとの会話が治療に繋がるヒントになることもありますので何でも話して欲しいと思います。お話を重視した上で、患者さんをなるべくお待たせしないように心がけています。
自分自身にも言えることですが、メンテナンスに対する意識やモチベーションを一定のレベルで保つのは簡単なことではありません。大丈夫だろうと手を抜いたり過信をすると、一気に状態が悪くなることもあります。ですからどんな状況であっても、危険を早めに察知し悪くなる予兆を見逃さないように、緊張感をもって診療をおこなうように努めています。お薬の服用が歯科に影響を及ぼす場合もありますので、患者さんの健康状態や生活背景を把握することも大切な役割だと思っています。
クリニックでの診療以外では、瀬谷区歯科医師会の会長として、異業種の方との交流も含め地域に関わる活動をしています。瀬谷区全体を見ると、歯を大事にしていない人がまだまだ多いというのが現状です。ただ食べ物を摂取するという意味では、歯がなくても生きていくことはできますが、しっかり味わい感触を楽しむことでより質の高い人生を楽しめます。健康フェアや地域のお祭りなどの場を借りて、今後も歯に対する意識を高める活動を積極的にしていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

歯が悪くなると必ず症状が出るとは限りませんし、悪いところが無くても気になる場合もあります。歯に関するお悩みがあれば、自己判断せず、我慢せずに早めにご受診ください。歯科治療は、お口の症状、疑問、思っていることを遠慮せずに全部お話いただいた上で、協力し合い進めるべきだと思っています。患者さんのためになることを第一に考え、長く通いたいと思えるクリニックを目指し、患者さんに寄り添う歯科医院でありたいと思います。一日に診られる患者さんの数は限られていますが、来ていただく患者さんに対しては全精力をつぎ込みたいと思っていますので、些細なことでもお気軽にご相談ください。

※上記記事は2019年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

大内 昇 院長 MEMO

  • 出身地:横浜
  • 好きな本・作家:司馬遼太郎
  • 好きな音楽・アーティスト:ジャズ
  • 好きな映画:ゴッドファーザー
  • 好きな言葉・座右の銘:謙虚な気持ち
  • 好きな場所・観光地:海、沖縄

グラフで見る『大内 昇 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION