横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

天田 力 院長/あまだ歯科医院(上大岡駅・歯科)の院長紹介ページ

天田 力 院長

TSUTOMU AMATA

歯科医療の基本を大切に。出来る限りベストな治療の提供を心がけて

鶴見大歯学部卒業。『弘進会 宮田歯科大崎診療所』勤務を経て、1998年に『あまだ歯科医院』を開設(京浜急行/横浜市営地下鉄「上大岡駅」より徒歩10分、京浜急行/横浜市営地下鉄「弘明寺駅」から徒歩10分)。

天田 力 院長

天田 力 院長

あまだ歯科医院

南区/別所/上大岡駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●訪問歯科診療

子ども達の歯科医院へのハードルを低く

天田 力 院長

高校生の時に先輩に誘われて教会に足を運んだことがあります。そこで末期癌の患者さんと出会うことになりました。食事も満足にとれない状態のその方と交流を持ったことで、少しずつ医療に興味を持つようになり、この道に進んだきっかけとなりました。

『あまだ歯科医院』は1998年に開院いたしました。診療室内にはベビーベッドとキッズスペースが配してあります。育児に関わる人は時間に追われてしまうことが多いですね。自分より子供を優先してしまい、結果、虫歯などが悪化してしまうこともしばしばです。ちょうど開業当時、私にも子供ができたということもありますが、ベッドを置くことで、お母さん方にも気軽に受診していただけるのではと考えたのです。
上大岡がターミナル駅ということもあり、毎週末にはお子さんを連れてご家族でお見えになるケースが多く見受けられます。しかし、待合室に子供を置いておくと、目が届かないものですからどうしても不安になりますよね。診療室にキッズスペースを設けることで、その不安を解消することにつながればと考えたのです。小さなお子さんも、いずれは歯科医院に掛かる日が訪れます。お父さん、お母さんに連れられ、小さい頃から診療室の環境に馴染んでおくことで、将来のトレーニングとなる要素もあるでしょう。実際、歯医者さんは子供にとってハードルが高いものです。私自身、そうでしたからね(笑)。今もお父さん、お母さんの治療をしていると、傍で「私も見て」と口を開けてくる子もいるくらいです。

患者さんと気持ちを1つにして治療にあたることが大切

天田 力 院長

患者さんが今、困っていることを改善することが前提の上で、より良い口腔環境を作っていくことが大切になります。ただしその際、医療的にベストと思われるものをこちらが一方的に提供しようとすると、かえって苦痛となってしまうことを考慮しなくてはなりません。患者さんのお考えは人それぞれ。専門家として医学的に正しいと思われるものを提案するとして、それに対する患者さんの受け止め方をしっかり見ていく必要があります。極端な例をあげますと、「抜歯しかない」という状況があったとしましょう。それでも「抜きたくない」というお気持ちは理解できます。そこでもし、私に出来ない治療法で改善できる方法があるのであれば、信頼する他医療機関へと紹介することもしています。しかし、それも難しい場合には、歯を残すリスクも説明した上で、ご本人のお考えを待つことになります。
その方にとってどの治療がベストなのか、ということは、時間が経ってみて初めてわかることもあるでしょう。私たちに出来るのは、最善の道を選んでいけるよう、患者さんと共に考えていくことだと思うのです。

矯正治療を含め、お口の状況をより良いものとするあらゆる手段を提供

天田 力 院長

特定の専門分野に特化するようなことは考えておりません。いずれにせよ、症状を改善するには最善の技術を提供することが必須であり、そのためにも、基本となるステップを1つずつ確実に踏んでいくことが大切と考えています。
「専門」という意味では、旧知の矯正専門の先生をお呼びして治療を担当していただいています。矯正は見栄えも大切ですが、管理やメンテナンスの容易さということを考えれば、将来的な口腔機能を維持する上で重要なファクターとなります。先にお話ししましたけれど、より良い口腔環境を作るという意味において、矯正治療は非常に有効な手段なのです。当院では患者さんのご希望を踏まえ、あらゆる選択肢を提供出来るよう努めてまいります。

訪問歯科は、地域のかかりつけ医にとって欠かせないこと

開院以来、小さなお子さんからご高齢の方まで、すべての方を診るというつもりで今日まで診察をしてきました。その中には、何かしらの理由で歯科医院に足を運ぶことが難しくなる方もおられますので、その段階においては訪問歯科が必要となります。長く担当させていただいていますと、それまでの過程もわかっていますし、その方の望みもわかってくるものですから、その点においては、かかりつけ医がずっと診ていくことがプラスになると言えるでしょう。
一昔前とは異なり、往診の機材も進歩してきていて、診療所とさほど遜色のない治療がおこなえるようになってきました。今後は、歯科だけではなく、医師会や行政とも緊密に連携をとり、よりスムーズに訪問診療を受けていただけるような枠組みづくりにも貢献していきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ

高校を卒業したくらいから30代くらいの方に関して、突然、状態が著しく悪くなって受診されるケースが目立って増えています。学生の頃は学校検診等で定期的にお口をチェックする機会があるのですけれど、社会に出て生活が変わってしまうことで、お口への関心が低くなってしまうことが要因になっていると考えられます。
小さなお子さんについては、平成の時代に虫歯は大幅に減少しました。しかし、今申し上げた世代の方については、リスクは高いままなのです。この状況を改善すべく、私たちも各方面に働きかけているところですが、どうぞ皆様も定期的な検診の機会を設けていただけたらと思います。
お口の疾患と全身の疾患とのつながりが明らかになってきており、また、残存歯数と健康寿命との関わりも指摘されています。ずっとずっと先まで健康に暮らしていただくために、お口への関心を今以上に持っていただけたらと思います。

※上記記事は2019年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

天田 力 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:釣り、カーレース観戦
  • 好きな本・作家:歴史物/司馬遼太郎
  • 好きな言葉:「努力」
  • 好きな音楽:ハードロック
  • 好きな観光地:新潟

グラフで見る『天田 力 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION