横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

村田 正人 先生

MASATO MURATA

横浜で43年、オールマイティーでハイレベルな治療を届け続ける

日本大学大学院歯学研究科卒業。同大学附属病院歯科矯正科で研鑽を積む。同大学矯正学講座の兼任講師を務めながら、2010年より村田歯科医院横浜矯正歯科センターの担当医を務める(JR「横浜駅」より徒歩1分)。

村田 正人 先生

村田 正人 先生

村田歯科医院

西区/北幸/横浜駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

歯科矯正学教室での徹底的な学びを活かして

村田 正人 先生

元々医療系の仕事に就きたかったんです。普通医学部だったり歯学部だったり学部で考えると思いますが、私は科で考えていました。外科・整形外科・口腔外科で迷っていた中、口腔外科への興味が高まり、最終的に父の出身校でもある日本大学歯学部へ進学することを決めたんです。父からは歯科医師にならなくてもいいと言われていたのですが、家族全員歯科医師なので影響は無意識に受けていたんでしょうね(笑)。卒業後は同大学院へ進学し、研究をしながら附属病院の矯正科に勤務していました。2006年には矯正学講座助教も務め、そのまま研究に本腰をいれるかどうかという段階まできていたのですが、やはり臨床の場で働きたいという思いがあったので、父の病院で勤務することを決めました。
今でこそ矯正歯科医師ですが、実は学生時代に一番苦手だったのが矯正でした。ですが、矯正は大学の外でも中でも役に立つと考え、歯科矯正学教室で学ぶことにしました。実際に矯正治療をするようになると、その奥深さにどっぷりとはまりました。
矯正治療は大体の流れはもちろんありますが、実際の治療はみなさんそれぞれに違います。例えば、一口に「前歯を治す」と言っても、歯の大きさや生えている角度、位置などによって、治療内容はまったく異なったものになります。1人1人に合わせた治療のため、私はワイヤーを曲げることを重視していました。歯科矯正学教室にいる頃は朝8時、9時から終電時間まで一日中ワイヤーを曲げていたこともあり、手にはマメや傷が絶えませんでした。ですが、正確にワイヤーを曲げられる技術は実際の治療でとても役に立ちました。最近では形状記憶のワイヤーもありますが、それでも必ず微調整は必要ですからね。
そしてもう一つ、”正常な歯並び”をしっかりとたたき込まれました。正常な歯並びを知らないと異常な部分もわかりません。矯正治療では歯を動かすので、ほかの正常な歯の位置にも影響を与えます。ですから、異常な歯を治すために、正常な歯を悪くしてしまう危険があるのです。それを防ぐためには正常な歯並びをきちんと理解している必要があります。今では患者さんの口の中を見ただけで、ある程度治療を組み立てられ、レントゲン写真によってその見立てが正しかったかを、判断できるようになりました。当院では、そうして歯科矯正学教室で徹底的に学んだ矯正認定医の専門的な治療を受けていただけるのです。

一般歯科・技工室の併設で実現するスムーズなトータル治療

村田 正人 先生

当院では「一般歯科」と「矯正歯科」の2科を、それぞれ別に併設しています。いわば「普通の歯科医院」と「矯正専門医院」が一つの医院に存在するわけです。矯正歯科のみの専門医院では、矯正治療の為の抜歯や虫歯の治療をおこなっていないところがほとんどです。そのため、抜歯のため他医院に通院して矯正治療の開始が遅れたり、虫歯が見つかった場合、矯正治療を中断し他医院で虫歯治療をおこなわなければなりません。しかし、当院では一般歯科施設が併設されているため、矯正治療の開始がスムーズで、虫歯が見つかったなど緊急処置にも素早く対応できます。一般歯科とも密に連携を組み、患者さんにとって最良な治療をおこななえる環境です。 もちろん、患者さんの中には、普段から通院していて安心できる「かかりつけの先生」がいらっしゃる場合もあると思います。そういった場合も、矯正治療のみを当院でおこない、一般歯科治療が必要な場合は、「かかりつけの先生」にご依頼致しますのでご安心ください。
また、当院には歯科技工士が常駐し、歯科技工室があることによって、迅速で正確な治療ができます。患者さんのお口の中は十人十色です。被せ物や詰め物などを作るために技工士が直接拝見できるので、最適な技工物を制作できます。また義歯などを外注に出すよりも大幅に時間が短縮でき、例えば、外注では1週間くらいかかるところ、ここでは3日でできるんです。歯科技工士がいることは矯正でもメリットが大きく、ちょっとした研磨が必要な時など急なことにも対応できます。また、院内に歯科技工室を併設していると、技工料金(依頼費用)を抑えられるので、その分治療以外の余分なコストカットができ、治療費用を抑えることもできるんです。

国の定める指定医院で安心の保険適応矯正治療を

村田 正人 先生

当院は指定自立支援医療機関および顎機能診断料算定施設の指定を受けているため、顎変形症の矯正治療がすべて保険の範囲で可能になります。顎変形症とは上の顎または下の顎、あるいはその両方の大きさや形、位置などの異常によって、顔面の変形とかみ合わせの異常を起こしている状態をいいます。つまり、通常の矯正治療だけでは治療できない場合に顎変形症と診断します。ご自分が顎変形症だという自覚がなく、矯正専門医院で普通に矯正治療を受けてセカンドオピニオンを受けにいらした患者さんから、「保険適応でできるなら、もう一度きちんと治したい」というお声を多くいただいたことがきっかけで対応を始めました。国の定める指定自立支援医療機関および顎機能診断施設でなければ保険適応の矯正治療をおこなうことができず、矯正専門医院でも指定を受けていなければ保険は適応されません。当院は保険の矯正治療をおこなうために必要な設備および体制・資格を有しているなどの要件を満たしており、手術の際の大学病院との連携もスムーズにおこなっているので、安心して治療を受けていただけます。お悩みの方は1度診断にいらしていただければと思います。

開業から43年、長い歴史の中で

助教として大学病院に勤務していた頃の話ですが、私の歯科医師人生で初めて診た患者さんが、ご自分のお子さん達をわざわざ遠くからお連れいただいたことが印象に残っています。私を信頼してお子さん達を診せてくださり、「腕をあげたわね(笑)」と言ってくださったんです。そのお子さん達はもうご結婚もされています。本当に初めての患者さんだったので忘れられませんね。
村田歯科医院はおかげさまで開業から今年で43年になります。比較的歴史の長い医院ですから、何代にも渡ってご来院くださる患者さんが多くいらっしゃいます。当院で矯正治療をやるようになってからは20年ちょっとでしょうか。お孫さんの矯正治療を診て「私も治る?」というおばあちゃんに矯正をしたこともありました。お歳は関係ありませんからね。横浜駅近くという土地柄もあって、意外とご近所からいらっしゃる患者さんは多くなく、矯正の評判を聞きつけて皆さん遠方からご来院くださいます。東北の方からわざわざご来院くださる患者さんもいらっしゃってとても嬉しく思います。これからも新しいことにどんどん挑戦し、偏らずに「日々精進」で、オールマイティーでハイレベルな治療をお届けできるよう尽くしてまいりたいと思います。

これから受診される患者さんへ

舌側矯正や顎変形症などは専門なので、もちろん力を入れてやらせていただいております。矯正は見た目の改善はもちろんですが、健康のための治療だと考えています。どんな方でもどんな状態でも診ることを心掛けていますので、すでに矯正治療が完了したり、器具がまだ付いているけどお悩みが残るという方も、是非駆け込み寺として当院をお使いいただければと思います。

※上記記事は2019年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

村田 正人 先生 MEMO

  • 出身地:横須賀市
  • 趣味:釣りと料理
  • 好きな本:釣りや料理の本
  • 好きな観光地:ニューカレドニア
  • 好きな言葉・座右の銘:日々精進
  • 好きな音楽:オーケストラなど

グラフで見る『村田 正人 先生』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION