横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

栗家 洋 院長/クリケ歯科クリニック(踊場駅・歯科)の院長紹介ページ

栗家 洋 院長

HIROSHI KURIKE

一般歯科から全身の不調まで幅広く診療
正しい食生活で健康的な身体作りを。

鶴見大学卒業後、同大学補綴学部に入局。恩師と出会い、一般歯科の臨床だけでなく、歯科診療における信念についても深く学び経験を積む。1984年、踊場駅近くにクリケ歯科クリニックを開院。

栗家 洋 院長

栗家 洋 院長

クリケ歯科クリニック

戸塚区/矢部町/踊場駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

恩師と出会い、身体全体を考える歯科クリニックを開院

栗家 洋 院長

美術の教師である父と、洋裁学校の先生をしていた母の間に生まれ、両親からは手に職をつけて仕事をするようにと言われて育ったこともあり、人の役に立つ歯科医師としての道を目指して鶴見大学歯学部に入学しました。それまで、歯科医院で治療をしてもらう機会もなかったので、大学1年生の時に衛生士の知り合いの紹介で歯科医院でアルバイトを始め、その時に出会った歯科医師が恩師となり、歯科にまつわる全ての事を教えて頂きました。当時、大学の助教授から「何でも本物を見ておくべきだ」と言われていましたが、足らない知識の中でも恩師の技術を目の当たりにし、とても勉強になりました。恩師との出会いが、現在の自分の歯科診療におけるポリシーになっていると言えます。大学卒業後は研究員として医局に残り、医師免許を取得してからは恩師のもとで一から修行をしました。両親のお陰で手先は器用な方で、臨床実習は得意としていましたが、実際の治療の場では上手く施術をおこなえず、診療あがりに反省会をおこなうような日々を過ごしたのは今でも良い思い出です。数多くの診療経験を経て、1984年、踊場駅近くにクリケ歯科クリニックを開院しました。

予防歯科をベースにした診療でなるべく削らない治療を

栗家 洋 院長

横浜市営地下鉄ブルーラインが開通してからは、近くにお住いの方の動線も変わりましたが、現在でも小さいお子様からご年配の方まで万遍なくお越し頂いています。以前よりお住いの方や新たに引っ越して来られる方だけでなく、ご紹介で遠方からお越しになる方も多く、中には一流アスリートなど様々なジャンルで活躍されている方など、健康志向が高く、医学や栄養についての知識がある方も多くいらっしゃいます。当院では、一般歯科、小児歯科、予防歯科、歯周病治療、審美歯科、金属アレルギー治療、噛み合わせ治療、矯正歯科、入れ歯治療に対応しています。歯科医師として何年も患者さんのお口と向き合う中で、自然の歯をなるべく削らずに残すことが一番だと分かり、今はできるだけシンプルな治療を心がけています。2000年頃から、予防歯科が主流になってきましたが、予防は当たり前のことで、全ての治療のベースになっています。どれだけ治療をしても、患者さん自身も予防を意識しないことには口腔内の環境は改善されないので、正しい習慣を身につけることはとても大事なことです。お口の不具合が全身に及ぼす影響は大きく、噛み合わせから肩こり、腰痛などの全身の症状に対応していることが当院の特徴と言えます。最近では、がんのご相談も非常に多く、体調を詳しくお伺いして、信頼できるクリニックや医師を紹介することもあります。歯科の治療だけでなく、内科的、整形外科的な処置もおこなえるクリニックとして、通常の歯科用のユニットだけでなく、Oリングテスト、各種検査や点滴などにも対応しやすいフラットタイプの診察台を導入しました。クリニックでの診療以外では、近隣の高校の校医として、地域の方への歯科医療貢献活動も積極的におこなっています。

正しい食生活を送り、健康で長生きするための指導も

栗家 洋 院長

お口の中の症状を解決することだけが歯科医師の仕事ではありません。歯科医師と言えども、食事の指導ができないのであれば開業するべきではない、とさえ思います。病状を判断する上で、血圧などの数値は目安として大事ですが、症状が悪化して病気になってから摂取する食べ物や栄養元を見直すのではなく、そうなる前に、健康で長生きするための医療をおこなうべきだと考えています。全てにおいて、基本は食生活にあります。様々な情報に惑わされることなく、本当に正しい食生活を身につけることで、慢性疾患を防ぐことが可能で、お薬に頼る必要はありません。このように、正しい食生活ができていれば、お口の中に問題が起こることはないのです。例えば、糖分を過剰摂取することは、虫歯の原因となり、膵臓を傷め、認知症に苦しむ患者さんを増やしていると言えます。正しい食生活を送るためにも、現在の身体の状態を詳しく知る必要がありますので、毛髪ミネラル検査や遅延型食物アレルギー検査を取り入れています。毛髪ミネラル検査では、0.1gの毛髪から体内ミネラルのバランスと重金属の蓄積を計り、遅延型食物アレルギー検査では、結果にによって現在身体がどうなっているのかの原因についての説明や今後どのようにすべきなのかまでお話しできます。体内ミネラルが整えば慢性疾患にはならないと考えていますので、Oリングテストを使いその方の体質にあった食材や栄養の取り方、食事指導をしています。近年、インプラントは主流になっていますが、電磁波の影響を受けやすく、身体の不調から電磁波障害を訴える患者さんが増えています。原因不明の体調不良を引き起こしている可能性が十分にありますので、こちらもOリングテストを用いて電磁波障害の有無を確認し、その方にあった適切な処置をおこないます。

患者さんが納得のいく治療をおこないたい

歯科医師は妥協があってはならない仕事で、当然失敗も許されません。こういった考え方は恩師から教えて頂いたことで、常にこれで良いのかと自問自答をしながら、患者さんも自分自身も満足のいく治療を模索しています。その上で、歯科だけではなく、医科や健康に関する講演会やセミナーに多く参加してきましたので、自分が吸収した内容を仲間の医師にフィードバックするためにも頻繁に勉強会を開催し、若手医師の育成にも力を入れています。歯科医師という職業は利益目的ではできないとつくづく思いますが、若手の先生方にも身体全体を意識した歯科の診療をおこなってもらいたいと願っています。患者さんに対しては、色々なツールを用いて分かりやすい言葉で説明をするように心がけています。理解し納得して治療を受けて頂きたいので、そのために良好な信頼関係を築くことが何よりも大切なことです。どんな食品が良くて、積極的に摂取すべきかなど、患者さんと常に最新の情報を共有するために、本や雑誌から様々なデータを資料としてまとめることが毎朝の日課になっています。様々な考えを持った歯科医師がいますので、セカンドオピニオンとしても受け付けますし、他の医師の意見を聞くことも良いことだと思います。患者さん本人が納得することが一番なので、診療方針に同意頂ければ一生のお付き合いをしていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

歯科治療ではなくても、疑問や不安を抱えている方に気軽に相談に来て欲しいです。建て前だけでなく、一歩踏み込んだお話でも構いません。治療におけるメリット・デメリット、素材について、保険の適用についてなど何でも本音でお話をしますので、遠慮なくご質問下さい。また、一般には取り扱いの少ない症状、原因不明の症状に対しての相談窓口として、登録制サイトでの有料カウンセリングをおこなう予定で準備を進めていますので、そちらも是非ご利用頂きたいです。

※上記記事は2019年8月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

栗家 洋 院長 MEMO

  • 出身地:岡山
  • 趣味&特技:本で勉強
  • 好きな本:健康本
  • 好きな映画:スターウォーズ
  • 好きな言葉 座右の銘:賢者は愚者に学び、愚者は賢者に学ばず
  • 好きな音楽:70年代フォークソング
  • 好きな場所:落ち着ける喫茶店

グラフで見る『栗家 洋 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION