横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

ほおっておくと心や体の病気になるかも⁉ 犬の「退屈」サインに要注意! ほおっておくと心や体の病気になるかも⁉ 犬の「退屈」サインに要注意!
犬は退屈になると色々なサインを出します。
退屈な時間が長ければ長いほど、犬にはストレスが溜まっていきます。ストレスが大きくなると、犬の心や体の病気につながってしまうこともあります。
愛犬にストレスを溜めないためにも犬が出す退屈サインを知っておきましょう!
 
犬は退屈と感じると
・足先の指や爪を舐めていたり、噛んだりする
・おもちゃやケージなどを噛む
・わざとイタズラをする
などのサインを出します。
 
また、犬が退屈を感じやすいシーンは
・長時間の留守番
・飼い主さんがいるのに、長時間かまってもらえないとき(リモートワーク時など)
・運動欲求が満たされない場合(散歩が短い、その犬に合った運動量に足りていない、など)
・飼い主さんとのコミュニケーションが足りていない(一緒に遊んでもらえない、アイコンタクトや褒めてもらえる機会が少ない、など)
などといったシーンです。
 
愛犬のためにも
・毎日一緒に遊ぶ時間をしっかりとつくる
・犬とのコミュニケーションを大切にする
・その犬に合った運動欲求を満たすようにする
・お留守番中にも犬が退屈しないよう、『事前にしっかりお散歩に行く』『遊んであげる』『留守番中にも安全なおもちゃを用意する』
といった工夫をしてあげましょう!
 
https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=117259
 
・放っておくと悪影響も? 犬が「退屈」と思っているときに見せるサイン|獣医師解説
上記は『いぬのきもち』の記事を参照しています。
https://dog.benesse.ne.jp/