横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

社会現象化しているオーバードーズとは 社会現象化しているオーバードーズとは
今、市販薬の「オーバードーズ」が社会問題となりつつあります。
「オーバードーズ(Overdose)」とは、薬を使うときの一回あたりの用量(dose)が過剰である(over)こと、または薬物の過剰摂取に及ぶ行為のことをさしています。
 
近年問題になっているのは、一般の患者自身が自らの判断で過量の薬を服用しようとするケースです。とくに、医師の診断を受けて発行してもらった処方箋がなくても薬局で自由に購入できる市販薬がオーバードーズの対象となっていることは、大きな問題です。中には、風邪薬を一度に何十錠も飲む人もいるそうです。
 
薬物問題というと、覚醒剤や麻薬、大麻など、厳しく規制された薬物を連想する方が多いことでしょう。
しかし、市販薬の中にも、覚醒剤や麻薬のような作用を生じる成分が含まれているものがあり、決められた用法・用量を守らなければ、急性毒性のために死んでしまったり、使い続けることで依存症に陥り、薬なしでは生活できないという状態になってしまうこともあることを知っておくべきです。
 
医薬品の適正使用を守らないオーバードーズは法律違反でもあります。また、自分だけの問題と思ったら大間違いです。多くの方に迷惑をかける行為だと認識する必要があります。
 
https://allabout.co.jp/gm/gc/493038/
・オーバードーズとは…社会問題化する市販薬の過剰摂取と問題点
上記は『All About』の記事を参照しています。
https://allabout.co.jp/