横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

コンタクトレンズは正しく使わないと原虫に感染するケースも コンタクトレンズは正しく使わないと原虫に感染するケースも
「アカントアメーバ角膜炎」とは、アカントアメーバと呼ばれる原虫に感染することで発症する角膜感染症で、ソフトコンタクトレンズの扱い方が悪いことが原因になり発症するケースがほとんどです。
アカントアメーバに対する特効薬はありません。病状が進行した場合、角膜実質まで病巣が及ぶため、角膜を削り取って物理的にアカントアメーバを除去する治療が行われます。この場合、後遺症として角膜に混濁や強い乱視が残ってしまい、視力障害を抱えるケースが多いとされています。ですから、予防が何より重要です。コンタクトレンズは適切な使用方法を守ることが大切で、軽視してはいけません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bf15dee83625c2a7b47ef211340f486f47df7d55
・「アカントアメーバ角膜炎」コンタクトレンズは正しく使わないと原虫に感染するケースも

上記は『Yahoo!ニュース』の記事を参照しています。
https://news.yahoo.co.jp/