横浜ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

切除できない「肺がん」を30分で撃退!「光線力学療法」の実力 切除できない「肺がん」を30分で撃退!「光線力学療法」の実力
がん治療は未だ「壮絶な」といった枕詞付きで語られることが多いですが、数あるがんの中でも死亡率が高いことで知られる「肺がん」にはだいぶ前から、30分程度の治療時間で済み、しかも超低侵襲(ていしんしゅう)、即ち患者の体へのダメージが非常に少ない画期的な治療法が開発されています。
その名は「光線力学的治療(PDT)」。レーザーを用いる治療法の一つで、美容の分野では「フォトダイナミック・セラピー」の呼び名で知られています。
レーザーといっても、レーザーメスのように熱で病巣を焼き切るものではありません。光に反応する薬剤(光感受性物質)を体内に投与し、手をかざしてもほとんど熱さを感じない程度の低出力レーザーを照射。その際に生じる化学反応を利用して、がん細胞を壊死させたり、縮小させたりする治療法です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5b9edf7ddefb7d6215acaf43b4921f3c8a3e59a2
・がんは日帰り入院で治す時代に…切除できない「肺がん」をわずか30分で撃退!「光線力学療法」のスゴすぎる実力
上記は『Yahoo!ニュース』の記事を参照しています。
https://news.yahoo.co.jp/